電気刺激による「耳鳴り」のデバイス治療、症状が軽減

最終更新日:2018年9月25日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
言語聴覚士コラム

電気刺激による「耳鳴り」のデバイス治療、症状が軽減

2018.03.02

耳鳴り(耳鳴、じめい)は、煩わしく、耐え難いそのストレスで不快感や不眠、うつ症状などを引き起こす。

アメリカでは、耳鳴りの症状がある患者が国民の約15%に上るとの報告もあり、仕事や日常生活にも支障を来たす患者は約200万人に上るという。

米ミシガン大学の研究グループが、この耳鳴りの新たな治療法として、耳からの音の刺激に加えて、「首や頬の皮膚に電気刺激を与える非侵襲的なデバイス治療」を実施した小規模研究によって、耳鳴患者の症状が軽減し、生活の質(QOL)が向上したと、「Science Translational Medicine(1月3日号)」で発表した。

「紡錘細胞」が耳鳴りの発生に関与

耳鳴りは本人にしか聞こえない「自覚的耳鳴」と、他人からも聴取できる「他覚的耳鳴」がある。また、難聴に伴って、耳鳴りの症状がみられるケースも多い。

米国耳鳴協会(ATA)によると、現在、耳鳴りを治癒させる治療法はなく、認知行動療法や音響療法で改善がみられるケースもあるものの、重症の場合は、患者への負担が大きい侵襲的治療(脳深部刺激療法、迷走神経刺激法など)が実施されている。

同研究グループでは、これまで進めてきた研究から、脳領域(蝸牛神経核背側核)の神経細胞で「紡錘細胞」が、耳鳴りの発生に関与していることを発見していた。本来、音が聞こえた時にこの紡錘細胞の活動亢進がみられるが、耳鳴り患者では、実際は無音でも紡錘細胞から聴覚にかかわる脳領域へシグナルが伝達されるため、誤って音として認識するという。

「デバイス治療」による紡錘細胞のシグナル伝達阻害への有効性を検討

今回の研究では、2種類の感覚(聴覚、体性感覚)を刺激して、紡錘細胞から脳領域へのシグナル伝達を阻害する「デバイス治療」の有効性について検討した。

同治療は、患者の「耳鳴りのピッチ」に合わせて設定した音をイヤホンから一定の間隔で流すことに加え、首や頬などに装着した電極から皮膚に弱い電気刺激を一定の間隔で与えるもの。

モルモット実験で刺激を与える最適なタイミングを判定後に臨床試験を実施。

「歯を食いしばる」「舌を突き出す」「首を曲げる」などの際に、一時的に耳鳴りの症状に変化がみられる患者(20人を対象)を「治療グループ」と「偽治療グループ」の半々に分けて、「治療グループ」は音と電気刺激を組み合わせたデバイス治療、「偽治療グループ」には音による刺激のみ(電気刺激はなし)の治療を、それぞれ4週間(1日30分)受けてもらった。

その後、中断期間(4週間)を経て、各グループを入れ替え、再び治療を4週間受けてもらった。

臨床試験の結果、「治療グループ」では耳鳴りの症状が有意に改善、QOLも向上していたという。また、「偽治療グループ」では同様の効果は認められなかった。

耳鳴り患者の非侵襲的な新治療としての有望性

同研究グループでは、今回の臨床試験で「治療グループ」の2人の患者の症状が消え、「不快さが軽減された」「音を無視することが苦にならなくなった」といった患者の声が聞かれたとしている。

また、同治療法を耳鳴りに対する新たな治療選択肢とするには、大規模研究を実施して、適切な治療の頻度・期間、効果が望める患者の特徴などの詳細を明らかにすることが課題になるとしている。

今後、耳鳴り患者の負担を軽減する非侵襲的な新治療となることが期待される。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒言語聴覚士の求人一覧

関連コラム