英単語のリスニング能力向上に『ニューロフィードバック技術』を開発

最終更新日:2018年9月26日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
言語聴覚士コラム

英単語のリスニング能力向上に『ニューロフィードバック技術』を開発

2017.07.12

日本人が英語のリスニングで苦手とする英単語としては、例えば「right」と「light」の違いがある。これは、日本語にはない音の聞き分けでもあるためだ。

従来の英単語のリスニング学習では、このような聞いた音(英単語)に対して、それがどちらの音であるか(「r」か「l」のどちらか) というテストを行って、正解(それが実際にはどちらの音なのか)を学習者に伝えるものだった。

このようなリスニング学習による英語のリスニングの促進が多い一方で、このような学習方法では成果が出るまでに長い時間を要するという問題があった。

大阪大学では6月15日、常明氏(情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター)らの研究グループと同大大学院情報科学研究科、北海道大学との共同研究によって、無意識に英単語のリスニング能力を向上できるニューロフィードバック技術の開発に成功したと発表した。

同研究成果は、同日付けの「PLOS ONE(OPEN ACCESS)」に掲載されている。

脳活動を強化する『ニューロフィードバック技術』を開発

今回の共同研究では、「音の違い」に対して反応する脳活動(Mismatch Negativity:MMN)を強化するニューロフィードバック技術を開発

ニューロフィードバック技術による英単語の学習法の特徴としては、英単語を「聞くこと」に注意を向けるのではなく、音の違いに反応する「脳活動(MMN)の動き」を大きくすることを強化していく点だ。

今回の研究では、「right」と「light」の音を聞いている時の脳波をもとに音の聞き分けに関連する脳活動(MMN)パターンを抽出。

本人に学習の自覚なしにリスニング能力が向上

学習者の前にディスプレイを設置し、「MMNの動き」の大きさに対応する緑の円を提示して、学習者にはその円を大きくするようにイメージしてもらった。

研究結果では、実際に「MMNの動き」を大きくすることが可能で、本人が音の聞き分けの学習をしているつもりがないにもかかわらず、リスニング能力は向上させることが分かったという。

このニューロフィードバック技術によって、学習前には「60%前後」だった正答率が、5日間の学習後には「約90%」にまで向上し、つまり英単語のリスニング能力が向上するのに要したのは、わずかこの5日間程度だったという。

ゲームだけで英単語のリスニング能力向上の可能性も

現在はまだ基礎的な研究であるため、MMNの大きさを緑の円の大きさで学習者に提示しているが、研究グループでは、今後は、MMNの大きさをレーシングカーのスピードに対応させたレーシングゲームを開発することで、学習者はレーシングカーのスピードを上げて前の車を抜くことに集中しているだけで、気が付いたら英単語のリスニング能力が向上する、ニューロフィードバックゲームなどを作ることが可能になるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒言語聴覚士の求人一覧

関連コラム