自社工場で開発・製造する国内開発の「3.0T MRI」発売、GEヘルスケア

最終更新日:2018年9月25日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
診療放射線技師コラム

自社工場で開発・製造する国内開発の「3.0T MRI」発売、GEヘルスケア

2017.05.15

CT、MRなどの医用画像診断装置の開発・製造・販売を手掛けるGEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、多田荘一郎社長)は4月13日、国内(同社本社内にある日野工場)で開発・製造し、生産性を向上するソリューション「SIGNATM Works(シグナ ワークス)」採用・新機能を搭載した3.0T(テスラ)MRI(磁気共鳴断層撮影装置)「SIGNA(TM) Pioneer」(シグナ パイオニア)の最新バージョンを販売開始したことを発表した。

同シリーズ(SIGNA Pioneer)は2015年4月に販売開始しており、これまでに世界で150台以上の販売実績(2017年3月末時)のあるシリーズだ。

MRI検査から画像処理までの生産性を向上するプラットフォーム

これまで、同社では「設置性・経済性」、「高画質」、「患者快適性」の視点で優れた製品として、従来のPioneerシリーズを開発。今回発売された新バージョンでは、検査から画像処理までの「生産性」の最大化を図るためにソリューション「SIGNA(TM) Works」(シグナ ワークス)を採用した。

MR購入検討時の課題にあがっている「診断スピード・正確性の向上」、「臨床ニーズを満たす機能・システム」、「患者のスループット・満足度向上」などの顧客ニーズに対応した次世代の3.0Tワイドボア装置だ。また、臨床用途の拡大や検査効率の向上、撮像のさらなる高速化が可能になったとしている。

MRIの臨床用途を拡大、検査・撮影時間を短縮

最新バージョンに臨床用途で搭載されたアプリケーションとしては、従来では脂肪抑制の効きにくい部位でも均一で広範囲の脂肪抑制画像を短時間で撮像し、3Dボリュームイメージング「Cube」と組み合わせて、特に整形領域の検査時間を短縮可能にする「FSE Flex」、心臓領域におけるT1マップ・T2マップが得られ、処理は本体コンソール上で可能な「Cardio Maps」などがある。

また、スキャン時間を短縮する圧縮センシング「Hyper Sense」、DWI・DTI撮像時に、1度のRF照射で複数断面を同時励起して撮像時間を短縮する「Hyper Band」などの高速撮像を可能にする技術も搭載された。

さらに、画像計算・解析を高速化した「高速リコンストラクションエンジン」(62,000枚/秒)と「エクスプレス患者テーブル」によって、スキャン後から患者退室までの検査効率の向上も図っている。

総合大型病院・地域中核病院などをターゲットに販売

今回の最新バージョンの発売開始にあたり、同社では、大学病院などの総合大型病院や地域中核病院のような高性能MRIの導入ニーズがあり、検査ワークフロー改善での収益向上を重視する施設をターゲットに販売売上を見込む。また、1.0Tや1.5Tなどの機種のMRIから買替えを検討するような施設もターゲットになるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒診療放射線技師の求人一覧

関連コラム