『りんごポリフェノール』で変形性膝関節症の症状悪化を抑制

最終更新日:2018年9月25日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

『りんごポリフェノール』で変形性膝関節症の症状悪化を抑制

2018.08.29

千葉大学は7月26日、清水孝彦氏(同大大学院医学研究院細胞治療内科学講師)、横手幸太郎氏(同教授)を中心とする研究グループが、アサヒグループホールディングス株式会社と共同で行った研究によって、食品素材である『りんごポリフェノール』が、変形性膝関節症の進行を抑制することが判明したことを発表した。

同研究成果は、「Scientific Reports」に掲載された。

40歳以上の患者が2500万人の変形性膝関節症

膝関節の腫れ・痛みを伴う運動器疾患である変形性膝関節症では、歩行が困難になることなどによって、QOL(生活の質)を著しく低下させる。

その主な原因としては、関節における「緩衝作用」を担っている軟骨が擦り減ることがあり、骨への負担が増加するために症状が悪化するとされる。

現在、国内には40歳以上の患者が2500万人(未受診者を含む)いると推定されているが、その治療では外科的処置が主な治療となっており、服用による内科的治療は補助的なものとなっている。

膝関節の軟骨細胞のミトコンドリアの機能低下が関連

近年の研究から、変形性膝関節症の発症と悪化には、膝関節の軟骨細胞におけるミトコンドリアの機能低下が関連していることが見出された。

そのため、ミトコンドリアを介した治療法を確立することが有望視されている。

『りんごポリフェノール(りんごから抽出されたポリフェノール)』には、強い抗酸化作用があるほか、抗腫瘍、抗肥満、抗疲労など、様々な効果を有することが報告されている。

これらの生理機能が発揮される一因には、『りんごポリフェノール』のミトコンドリアを介した作用機構が考えられている。

変形性関節症の内科的治療分野における有望な食品素材に

今回の研究では、『りんごポリフェノール』の軟骨細胞でのミトコンドリアへの作用と変形性膝関節症におよぼす影響を検証した結果、『りんごポリフェノール』は、ミトコンドリア新生と、プロテオグリカン(軟骨の構成成分)産出を促進することが示唆された。

また、『りんごポリフェノール』が変形性膝関節症モデルマウスの症状悪化を抑制することも確認。

同研究グループでは、『りんごポリフェノール』が、変形性関節症の内科的治療分野における有望な食品素材として期待できるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム