使用する3人に2人は「iPad首」「タブレット首」、首・肩に痛みも

最終更新日:2018年10月24日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

使用する3人に2人は「iPad首」「タブレット首」、首・肩に痛みも

2018.08.10

インターネット上での調べものやビジネスツールに使えるアプリ、電子書籍での読書や娯楽用のゲームアプリなど、様々な場面で便利で使いやすいiPadなどのタブレット端末。

しかし、長時間使用していると「iPad首」や「タブレット首」などと呼ばれる首・肩の痛みの原因になることが分かっている。

今回、米ネバダ大学の研究グループによる新たな研究で、これらの痛みの症状の重要なリスク因子には、タブレットを使用する『時間の長さ』よりも、『女性(であること)』と『使用時の姿勢』がある可能性が示された

研究成果の詳細は、6月12日付けの「Journal of Physical Therapy Science」(電子版)に掲載された。

3人に2人は首・肩の痛み、1割は「症状が重度」と回答

今回の研究では、タブレット端末(タッチスクリーン式)を日常的に使用している大学生や大学の教職員、卒業生(412人、うち男性は135人)を対象に、タブレットの使用状況・使用時の姿勢、首や肩の症状について横断調査を実施した。

調査結果からは、参加者の約3人に2人(67.9%)がタブレット端末の使用時の首・肩の痛みを訴えていることが判明。

痛みの部位では、「首」が一番多く(84.6%)、次いで「肩や上背部」(65.4%)、「腕や手」(33.6%)、「頭部」(15.0%)の順となった。

症状としては、「凝り」が最も多く(74.3%)、「ひりひりとした痛み」(48.1%)や「鈍い痛み」(42.5%)もみられた。

参加者の約55%が症状を中程度としていた一方で、10%は重度とする回答が見られ、睡眠に支障が出ているという回答も15%見られた

「女性であること」・「使用時の姿勢」が痛みのリスク因子に

首・肩の症状は、高齢者よりも若者に多く見られ、過去に首・肩の痛みを感じた経験がある人で多くなっていた。

さらに、男女比は女性が2倍に上り、痛みのリスク因子として『女性であること(性別)』と『使用時の姿勢』が重要であることが明らかになった

使用時の姿勢では、「背もたれのない状態で座ってタブレットを使う」、「タブレットを膝の上に置いて使う」、「椅子に座って、平らな机の上に置いたタブレットを使う」などは、いずれも痛みのリスク因子として挙げられるという。

不快な症状でも半数以上が使用、症状の予防を

今回の調査では、「不快な症状が現れたらタブレットの使用をやめる」と回答した人は、半分以下(46.1%)にとどまった。

同研究グループでは、タブレット端末の利用は、急速に広がりを見せている現状があるため、首・肩の症状が、特に若い世代で蔓延しているとする今回の研究結果は懸念すべきものだとしている。

また、タブレット端末の使用による首・肩の症状の予防法としては、「背もたれのある椅子に座って使う」、「ウェアラブルデバイス(姿勢が悪くなると知らせる)を使用する」、「タブレット専用のスタンドを使用する」、「首・肩のストレッチや筋肉を鍛えるエクササイズを行う」などを挙げている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム