下肢静脈瘤があると、「エコノミークラス症候群」の発症リスクが5倍に

最終更新日:2018年9月26日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

下肢静脈瘤があると、「エコノミークラス症候群」の発症リスクが5倍に

2018.04.20

脚の皮膚の表面に静脈の一部が盛り上がり、かゆみ・痛みを伴うこともある「下肢静脈瘤」。

加齢に伴い、誰にでも起こり得る疾患の一つであるが、一般的に重度の健康リスクに関連することは稀であると考えられている。

しかし、台湾の研究グループによる報告からは、その見た目・症状だけにとどまらず、深部静脈血栓症(DVT、いわゆる「エコノミークラス症候群」)の発症リスクが約5倍に高まることが示されたという。

詳細は「Journal of the American Medical Association(JAMA)」2月27日号に掲載されている。

中高年層に多くみられる「下肢静脈瘤」

「下肢静脈瘤」は、中高年層を中心にして高い頻度でみられる疾患で、米国では成人のおよそ5人に1人(有病率は「約23%」)が発症すると推定される。また、世界的にも極めて有病率の高い疾患といえる。

ただし、同疾患は、血管の疾患の中では、重度の健康リスクを伴う可能性は低い疾患とされている。

一方で、エコノミー症候群として知られ、手足の静脈に血栓ができる「深部静脈血栓症(DVT)」、できた血栓が流れて肺の動脈を詰まらせる「肺塞栓症(PE)」、足の動脈が狭くなったり詰まったりする「末梢動脈疾患(PAD)」などの血管の疾患では、重度の健康リスクとなると考えられている。

「下肢静脈瘤」とDVT、PE、PADとの関連を検討

同研究グループでは今回、台湾の国民健康保険プログラムの保険請求データを用いた後ろ向きコホート研究を実施し、「下肢静脈瘤」とDVTやPE、PADとの関連について検討。※

(※2001~2013年に「下肢静脈瘤」と診断された20歳以上の患者21万2,984人(PAD、DVT、PEの診断歴がある患者を除外、平均年齢54.5歳、女性69.3%)を対象、追跡期間は7.3~7.8年)

Cox比例ハザードモデルを用いて解析した結果、下肢静脈瘤のない対照群(平均年齢54.3歳、女性70.3%)と比較して、「DVT」リスクが5.3倍、「PEおよびPAD」のリスクが1.7倍であることが明らかになった。

「下肢静脈瘤」と血管疾患リスクとのさらなる関連解明

今回の結果からは、「下肢静脈瘤が血栓の原因となっているのか」、「血栓リスクを直接高めているのかどうか」は明らかにされていない。

同研究グループでは、同研究結果に当てはまる患者は、治療が必要な重度下肢静脈瘤患者に限定されるものである可能性があるとしている。

また、その一方で、今後は下肢静脈瘤と血管疾患リスクとの関連解明が重要だとしており、下肢静脈瘤が炎症・血栓形成にもたらす影響、DVTやPEとの関連、重度の合併症の予防などのさらに詳細なメカニズムの解明が期待される。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム