「神経障害性疼痛」の痛みが変動するメカニズムを発見、九大

最終更新日:2018年7月23日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

「神経障害性疼痛」の痛みが変動するメカニズムを発見、九大

2016.12.19

軽く触った程度の刺激でも激痛につながる「痛覚過敏」が特徴的な神経障害性疼痛(とうつう)。神経がダメージを受けることで慢性的にずきずきと疼(うず)くような痛み(疼痛)が発症する。

九州大学では2016年10月17日、大戸茂弘氏と小柳悟氏(ともに同大大学院薬学研究院教授)らの研究グループが、腎臓の傍にある副腎周囲の「副腎皮質」から概日リズムでホルモンが分泌されていることで、時刻により変動する神経障害性疼痛のメカニズムを突き止めたことを発表した。

同研究成果は10月14日付けの「Nature Communications」(電子版)にも掲載されている。

時刻により痛みが変動する「神経障害性疼痛」

神経障害性疼痛は、朝や昼、夜など時刻が異なるとその痛覚過敏の程度が24時間の中でも変動することが知られている。

神経障害性疼痛の発症において重要な役割を担っているのが脊髄ミクログリアにおけるプリン受容体増加だ。

中枢の免疫を担当する「グリア細胞」でもあるミクログリアでは、生体内に広く分布している『アデノシン三リン酸(ATP)』による刺激を受けることでプリン受容体が増加して強い痛みを引き起こしている。

そこで同研究グループでは、この脊髄ミクログリアでのATPの働きと副腎の周囲にある「副腎皮質」からホルモンが分泌されるリズム(概日リズム)の関係性に注目した。

概日リズムの「副腎皮質ホルモン」の分泌上昇が関連

「体内時計」とも呼ばれる自律的な睡眠・覚醒リズムやホルモン分泌などの生理現象サイクルを指す概日リズムは、多くの生物で存在する。

今回同研究グループでは、マウス実験によって副腎皮質からのホルモン分泌上昇が起こる時間帯では、脊髄アストロサイト(グリア細胞の1つ)からのATPの放出が増えていることを発見した。

この概日リズムにより、ATPが放出されると脊髄ミクログリアのプリン受容体が刺激され、神経障害性疼痛の痛みが悪化する、つまり、副腎皮質ホルモンの分泌リズムが神経障害性疼痛の時刻の違いを引き起こすメカニズムが突き止められたという。

「体内時計」の視点から病気のメカニズム解明へ

今回研究対象となった神経障害性疼痛以外にも、様々な疾患の症状には概日リズムとの関連性が認められている。

同研究グループでは、このような「体内時計」の視点からあらゆる病気のリズムのメカニズムを解明することで、新しい治療薬の開発や疾患の予防に役立てていきたいとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム