NCNPがALS患者対象の新しい「呼吸理学療法」機器を提供開始

最終更新日:2018年11月15日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

NCNPがALS患者対象の新しい「呼吸理学療法」機器を提供開始

2016.12.09

呼吸するために必要な筋力を維持する「呼吸理学療法」。肋間筋(肋骨の間の筋肉)と横隔膜(胸腔と腹腔を仕切る筋肉)といった呼吸筋と呼ばれる筋肉が萎縮したり、自由に使えなくなることを防ぐための呼吸訓練だ。

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)病院(東京都小平市)では、9月16日から手足の痺れや筋力低下などの症状がある筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を対象とした新しい呼吸理学療法機器を提供開始することを発表した。

ALS患者への呼吸理学療法の課題

ALS患者では呼吸筋肉に障害が生じ、主な死亡原因としても呼吸不全が上がっている。また舌や喉頭などの筋肉の筋力が低下することで誤嚥を生じたり、咳をすることや飲食を飲み込むことが難しく、栄養不足になることも問題になる。

これまでALS患者における呼吸リハビリでは、息を吸った後に強く咳をはく最大強制吸気量(MIC)を利用して咳嗽(がいそう)する力を強化するために人工呼吸器(バッグバルブマスクなど)を用いた呼吸理学療法を行っていた。

ALS患者にとってこの呼吸理学療法は重要なリハビリテーションであるが、一方で喉の筋力低下により「息溜め」が出来ずにMICを十分に得られないことやそもそも喉を上手く使える感覚を得ることが困難であることなどはリハビリにおける課題であった。

また「球麻痺(きゅうまひ)」の症状が強く見られる患者や「気管切開」を行った患者においても、この従来法では胸郭の柔軟性維持が困難で、その評価さえも難しいという問題があった。

「一方向弁」を利用した最大強制呼気量(LIC)による呼吸リハビリ

そのため、NCNPではアメリカの研究グループが提唱した一方向弁を利用した最大強制呼気量(LIC)に注目

このLICでは、喉の筋力不足していることで息溜めができないようなALS患者でも深吸気が得られる。また、気管切開をしている場合でも問題がない。

しかし、これまでにLIC専用機器はなく、複数の人口呼吸器を組み合わせて自主製作した機器が利用される以上は開発が進んでいなかった。

LIC機能を持つ新呼吸理学療法機器の開発・提供へ

NCNPでは、有効・安全なLIC機能が備わった呼吸リハビリテーション機器「LIC TRAINER」を開発。今年9月16日より販売提供している。開発にあたっては、医療機器などの金属加工を手掛ける会社カーターテクノロジーズ株式会社(埼玉県川口市、関根敦社長)との共同開発によるもの。

この「LIC TRAINER」では、ALSをはじめとした神経筋障害で拘束性換気障害を持つ患者が、深吸気を得ることで安全で主体的に呼吸リハビリに取り組めることを狙う。また、従来は困難であった球麻痺の症状や気管切開を行った患者にも対応している。

医療機器としての評価も高く(平成27年度埼玉県医療機器等試作品コンテスト準グランプリ受賞)、今後の呼吸理学療法における安定・継続的な呼吸ケアが可能になると期待される。販売価格は27,000円でカーターテクノロジーズが独占販売を行っており、特許についても出願中だ。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム