慢性期の脊髄損傷には「細胞移植と歩行訓練リハの併用」が効果、慶応大

最終更新日:2018年9月25日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

慢性期の脊髄損傷には「細胞移植と歩行訓練リハの併用」が効果、慶応大

2016.10.21

脊髄損傷は中枢神経系の損傷であるため、一度の損傷でも修復・再生することは出来ない。

脊髄が完全に離断した場合、運動機能や感覚・知覚機能が失われてしまうものだが、治療法も全くないのが現状だ。しかし、国内では、脊髄損傷の受傷者は年間約5,000人に上ると推定されている。

脊髄損傷の原因となった怪我や事故から半年を過ぎて慢性期になると、自律神経系の調節機能が失われて汗をかきにくいなどの体温調節が困難になったり、筋肉が意図せずに急に強張ったり、痙攣が起きるなどの症状も見受けられる。

慶應義塾大学では8月3日、同大学医学部の脊髄損傷治療研究グループ、生理学教室、リハビリテーション医学教室において、これまで機能回復を行えないとされてきたこの慢性期の脊髄損傷において、幹細胞移植と歩行訓練などの適切なリハビリテーションの併用により機能回復を効果的に促進することができることを発見したことを発表している。

同研究成果は、8月3日付けの英科学誌「Scientific Reports」(電子版)に掲載されている。

国内の慢性期の脊髄損傷患者は20万人超

脊髄損傷において、病状は安定しだしたものの治療はなお困難な状態である、いわゆる「慢性期」に入る脊髄損傷患者の数は国内で延べ20万人超とも言われる

この慢性期の脊髄損傷では、神経系の様々な疾患に対応が期待できる神経幹細胞の移植を行うこと単独での有効性は見られない。

そのため、新薬の開発が望まれる以外に現在では治療が難しいとされており、再生医療においては、この慢性期の脊髄損傷の治療につなげることは大きな課題だった。

移植・リハビリの両方を行ったモデルマウスの症状が有意に回復

今回、研究グループは、慢性期(受傷後1ヶ月半〜)に入った脊髄損傷モデルマウスに対して、健康なマウスから採取した神経幹・前駆細胞を移植し、トレッドミル歩行訓練を2ヶ月間行った。

同実験ではマウスを4つのグループに分けて比較した結果、「移植・リハビリのどちらも行う」グループでは、「移植・リハビリのどちらも行わない」グループに限らず、「移植のみ」や「リハビリのみ」のそれぞれのグループに比べても運動機能の回復度合いが有意に高くなっていた。

また、ニューロンへ分化する神経幹細胞の割合の増加、腰部脊髄にある歩行中枢での新しい神経線維やシナプスの増加なとの神経回路の強化が相乗的効果として見受けられた

一方で「移植のみ」では脊髄の伝導性・歩行中枢の活性化、「リハビリのみ」では後肢の痙縮や運動コントロールへの適切な抑制性の改善もそれぞれ観察されている。移植細胞の生着率とリハビリの有無は関連が見られていない。

2019年を目処に臨床研究を開始

今回の研究結果をもとにして、同大学では2017年度には、iPS細胞を活用した神経幹細胞を脊髄損傷して半月~1ヶ月の患者に移植する手術を行う予定だ。

さらに2019年を目処にして、慢性期の脊髄損傷患者に対して、神経幹細胞移植と装置型ロボットを活用したリハビリの併用を行うことを検討している。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム