肩こり、腰痛にお悩みの人は「筋膜リリース」を

最終更新日:2018年9月22日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
理学療法士コラム

肩こり、腰痛にお悩みの人は「筋膜リリース」を

2016.09.05

なかなか改善しない肩こりや腰痛に対して、痛みの出ない範囲でストレッチやウォーキングなどの運動を取り入れてみたり、患部のマッサージを行うことで身体をケアする人は多いだろう。

しかし、デスクワークや運転などで座りっぱなしでいるなど長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が悪い状態が長くなると筋肉を覆っている「筋膜」という組織がゆがんだり、よじれてしまうのはご存知だろうか。

竹井仁氏(首都大学東京教授、理学療法士医学博士)監修で、理学療法士が施術を行うことでこの筋膜の歪みを矯正する「筋膜リリース」は、肩こりや腰痛などを解消するのに効果的な方法として注目されている。

この筋膜リリースは、脳性まひの後遺症や筋ジストロフィーなどへのリハビリやアスリートの怪我の予防にも活用されているという。

筋膜の「シワ」や「よじれ」が肩こりや腰痛の原因に

主にコラーゲンから構成されており、全身の筋肉や内臓を包んで身体をボディースーツのように支えている筋膜は、「第二の骨格」とも言われる。

皮下組織の中にある浅筋膜(皮下筋膜)、体全体を覆っている深筋膜、複数の筋膜を包む筋外膜などに分類することが出来るが,長時間同じ動作や悪い姿勢を続けていたり、捻挫や骨折などの怪我をしたりすると、この筋膜が凝縮して固まり「シワ」や「よじれ」が生まれる

そうすると、本来の筋肉の動きが出来なくなってしまい、血液の流れも悪くなってしまい、コリや痛みが生じ始める

全身の筋膜をほぐしていくことが重要

その中でも浅筋膜とともに体全体を覆っている深筋膜では、よじれの影響が広範囲に及ぶことがあり、足の怪我の影響で肩や腰など上半身に痛みが発生するといったケースもある。この筋膜のよじれは、いくら筋肉のマッサージやストレッチを行っていても解消されないので注意しておきたい。

そして、筋膜によじれがある影響でこりや痛みは続いてしまうため、こりや痛みを根本的に取り除くには、全身の筋膜をほぐすことが重要になるようだ。その方法の1つが「筋膜リリース」である。

バレリーナ風などの4つの「筋膜リリース」に注目

筋膜リリースは、筋膜のねじれを手のひらでゆっくりとほぐしていく。身体の構造上、関連して働いている筋膜を順番にほぐすことで筋膜が和らいでゆく。

身体が少し硬いなと感じたり、いつも一定の動作で若干痛みを感じるような場合は、竹井氏の紹介する筋膜リリースをまずは自分で試してみることも可能だ。両腕を中心に体全体を使って「斜め腕伸ばし」や「平泳ぎ風」、「S字」、「バレリーナ風」などの4つのバリエーションを1日3セット行い、患部が気持ちいいと感じるくらいに伸ばし、その姿勢を保つ。2週間続けると効果を感じられるという。ストレッチで痛みがある場合でも、筋膜リリースでは苦痛がなく、可動域を少しずつ広げることができる。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒理学療法士の求人一覧

関連コラム