お役立ち情報

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ

お役立ち情報

  • 履歴書の書き方
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接の心得
  • 面接のコツ
  • 転職する際に知っておきたいこと
  • 年齢早見表
  • お役立ち情報

1:薬剤師の年収&給料

ページトップへ

平成24年の薬剤師(平均年齢は36歳)の平均月額給与は、356,201円(きまって支給する給与)で、うち、時間外手当は、36,546円です。その他、通勤手当は、15,990円となっています。薬局長(部下に薬剤師を2人以上持つ)(平均年齢は49.7歳)になると、平均給与額は488,071円(きまって支給する給与)、うち、時間外手当は、22,446円、その他、通勤手当は13,287円です。

「人事院 平成24年職種別民間給与実態調査の結果」より

「ライフプランと離職・転職」
薬剤師は3分の2が女性で、その多くが薬局に勤務しています。女性の場合は、結婚や妊娠・出産を機会に、一度離職することもありますが、薬剤師の職場環境は、離退職薬剤師のための職場復帰・再教育プログラムなどが充実してきており、再就職支援にも力を入れられています。薬学部を卒業すると所得できる資格や薬剤師であれば所得できる(取得に配慮がある)資格などを生かして、転職や復職の際に、新しい活躍の場を求めて、薬局以外の就業場所にも視野を広げることも可能です。また、認定資格を取得し、専門分野のキャリアップを図ることも出来ます。(→「薬剤師に関する資格」を参照。)薬剤師による訪問介護での服薬指導や製薬会社新薬開発に携わるMR(医薬情報担当者)は今後の新しい薬剤師の役割として期待されています。(→「薬剤師の主な就業場所」を参照。)

2:「給与」

ページトップへ

給与明細の解説~支払欄、勤怠欄、控除欄
給与明細書
支給 基本給240,000   役職手当 職務手当10,000   家族手当 住宅手当    
残業手当17,750 欠勤控除 遅早控除 課税通勤費   非課税通勤費13,000   総支給額280,750  
控除 健康保険13,272 介護保険 厚生年金22,976 雇用保険1,684     社会保険料合計37,932 課税対象額229,818  
所得税4,080 住民税13,900 財形貯蓄10,000 社宅費   旅行積立金2,000 互助会費1,000 控除額合計68,912  
勤務状況 平日出勤22 休日出勤 遅刻 早退 有給 代休       その他休 差引支給額
休職 欠勤 有給残日数 当年分12.0 前年分4.0       扶養数 1 211,838

支払欄

  • 基本給・・・病院・施設ごとの給与規定により、いろいろな決め方のパターンがあります。(年功給、職務給、年功給+職務給など)
  • 諸手当・・・家族手当、役職手当、資格手当、交替勤務手当、通勤手当など。
    ※交替勤務手当~夜勤手当とは別に、短い期間で昼夜の労働時間が目まぐるしく変わる過酷な労働に対して、病院によっては手当が支給されることがあります。
    ※通勤手当~1ヶ月10万円までの通勤手当は非課税となり、所得税・住民税がかかりません。ただし、マイカーや自転車通勤の場合は距離に応じて非課税限度額が定められています。
  • 残業代(超過勤務手当、時間外手当、残業手当など)・・・1日の労働時間が8時間以上(週40時間以上)になった場合に支払われます。勤務先は、給与の25%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。
  • 休日手当・・・法律で定められた休日(法定休日)に就労する場合に支払われます。勤務先は、給与の35%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。
  • 深夜手当、夜勤手当など…午後10時から午前5時までに就労する場合に支払われます。勤務先は、給与の25%増しの給与を支払うことが労働基準法で定められています。

勤怠欄

  • 有給休暇・・・年次有給休暇は、労働基準法によって、1年目は年に10日間(入社して6ヶ月経つと与えられる)、2年目から1日ずつ増えて年に20日間までと決められています。正職員の場合、平均取得日数は、7.7日です。

控除欄

  • 健康保険・・・4月から6月までにもらった給料(諸手当、残業代を含む)の平均にもとづいて、保険料の「等級」が決まります。東京都の場合、保険料の料率は、給料の9.4%(協会けんぽ・東京都)になっています。(平成24年1月現在、都道府県ごとに異なる。)年齢が満40歳になると、「介護保険料」を払うことになります。その分、健康保険の保険料は高くなります。(10.99%と割高になります。)
  • 厚生年金・・・健康保険と同様に、4月から6月までにもらった給料(諸手当、残業代を含む)の平均にもとづいて、保険料の「等級」が決まります。厚生年金の保険料は、給料の16.412%です。(平成24年1月現在)総じて、健康保険と厚生年金を合わせた社会保険は、合計で給料の25.892%となります。この保険料を、勤務先が半分、就労者が半分負担します。(これを、「労使折半」といいます。)よって、就労者の社会保険負担は、12.946%になります。
  • 雇用保険・・・勤務先を辞めた時にもらえる「失業保険」のため(その他など)の保険制度。雇用保険の保険料は、一律で給料の0.6%です。雇用保険の受給は、以前より一般的になっています。雇用保険とセットになっているのが、「労災保険」です。これは、仕事中や通勤途中でのケガなどの補償制度です。この保険料は勤務先が100%負担します。
  • 所得税・・・個人の所得に対してかかる税金。課税対象額に税率(又は税額表)を適用して税額を計算します。所得税は毎月の給与や賞与から源泉徴収され、12月あるいは年始の給与で過不足額の精算(年末調整)が行われます。
  • 住民税・・・都道府県民税と市区町村住民税の総称。前年度の所得に応じた税額が徴収されます。
  • 財形貯蓄・・・財形貯蓄非課税、天引きで貯蓄できる制度。さまざまな財形制度があり、財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄は非課税です。勤務先の病院・施設に財形貯蓄制度があれば利用できます。
  • 社会保険料合計・・・健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などの社会保険料の合計額です。所得控除となり、所得税・住民税の課税対象外となります。 ※ 賞与からも、月給とほぼ同様に上記保険料が差し引かれます。
  • 課税対象額・・・給与から社会保険料や扶養控除などを控除した金額です。

3:国家試験

ページトップへ

薬剤師になるには・・・
薬剤師とは、厚生労働大臣の免許を受けて、薬剤師の名称を用いて、薬剤を取り扱い、調剤・医薬品の供給そのほか、薬事衛生を担当する医療職種を言います。通称、PH(pharmacistの略)とも言います。
2004年、薬学教育において修業年限の延長である6年制への移行が決まり、薬系大学における6年制過程が薬剤師養成を目的とすることが決められました。以降、学校教育法と薬剤師法の改正が行われ、薬系大学を取り巻く環境は大きな変動を始めました。2010年以降、受験資格者は、薬科大学か大学の薬学部(ともに6年制)を卒業した(もしくは卒業見込み)者に限られるようになっています。(もしくは、新4年制課程を修了し卒業した者で、大学院修士または博士課程を修了し、厚生労働大臣の個別認定を受けた者)
国家試験の内容
薬剤師国家試験では、筆記試験を受験します。
試験科目~基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関係法規及び薬事関係制度
日程
毎年1回、行われます。
3月上旬(平成25年は、3月2日(土曜日)及び3月3日(日曜日))
合格率
平成25年に、薬剤師国家試験を受験した人の数は、11,288人。その内、8,929人が合格し、その合格率は、79.1%となっています。合格率では、6年制への移行もあって変動が見られましたが、ここ数年、70~80%台を推移する傾向にあります。
「厚生労働省ホームページ 第98回薬剤師国家試験の合格発表について」、
合格発表
3月下旬(平成25年は、3月29日(金曜日))

4:薬剤師に関する資格

ページトップへ

資格の種類、取得方法、それぞれの仕事の内容
薬剤師になるには、薬剤師国家試験を受験し、合格しなければなりません。(「国家試験」(薬剤師になるには)を参照。)薬剤師の主な仕事は、病院や薬局などで、医師が書く処方箋に基づいて薬の調合を行う事です。
薬剤師は、薬剤全般を扱い、患者に使用法や注意点を説明する服薬指導や、医薬品の在庫管理、薬の仕入れを行います。医師や看護師に新しい薬の情報提供やアドバイスも行います。
調剤は、医師が相応の理由があり、かつ自己の処方箋を自らが処方する時を除き、法律上、薬剤師でなければ行う事は出来ないと決められています。また、薬局での一般用医薬品販売や医薬品製造などは医師の指示を受けません。薬剤師は、これらの薬事衛生を司る事によって、公衆衛生の向上および増進に寄与し、国民の健康な生活を確保することが求められます。

薬学部を卒業すると取得できる資格

医薬部外品製造責任技術者
医療機器製造責任技術者
卸売販売店で、病院・薬局等の医療機関への医薬品の販売や保管管理を行う。医薬品の流通面からのサポートを行う仕事に役立つ。
薬種商販売業
配置販売業
一般販売業での仕事に役立つ。
薬事監視員
食品衛生管理者
県や市の行政機関において、医薬品に加えて、麻薬・毒物等の行政指導を行い、医療衛生の向上に従事する仕事に役立つ。
環境衛生監視員 飲料水などの環境衛生検査が主な仕事である学校薬剤師の仕事に役立つ。その他、化粧品製造責任技術者、環境衛生指導員、食品衛生監視員、毒物劇物取扱責任者等の資格を取得出来ます。
薬剤師であれば取得できる資格
薬局の管理者、医薬品の一般販売業の管理者、保険薬剤師、学校薬剤師、麻薬管理者、医薬品製造販売業の総括製造販売責任者、医薬品製造業管理者(医薬品製造業工場などでの仕事に役立つ。)、放射線取扱主任者、検疫委員、労働衛生管理者、労働衛生コンサルタント
薬剤師であれば配慮がある資格
大気関係第2種公害防止管理者、水質関係2・3種公害防止管理者、作業環境測定士、環境計量士、介護支援専門員(ケアマネージャー)(専門用語「介護支援専門員(ケアマネージャー)」を参照。)

主な認定資格

がん薬物療法認定薬剤師
婦薬物療法認定薬剤師
妊婦・授乳専門薬剤師
精神科薬物療法認定薬剤師
精神科専門薬剤師
感染制御認定薬剤師
感染制御専門薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師
HIV感染症専門薬剤師
いずれも日本病院薬剤師会の認定資格。
各分野の認定薬剤師の資格申請者は、実務経験5年以上を有する者等でなければならず、各分野の専門薬剤師は、該当分野の認定薬剤師であること等が資格申請の条件となっています。
それぞれの分野の専門薬剤師は、認定薬剤師の上位資格になります。がん薬物2009年には、療法認定薬剤師は700名、感染制御認定薬剤師は250名、感染制御専門薬剤師は200名に達しました。
がん専門薬剤師
がん指導薬剤師
ともに日本医療薬学会が定める学会認定資格。
がん専門薬剤師の認定には、学会の会員であり、且つ実務経験を5年以上有することなどが必要となります。
がん指導薬剤師には、学会の会員として5年間継続して活動し、がん領域の会員であることや、がん専門薬剤師として5年以上の活動実績があることが必要です。
認定制度委員会による認定審査によって申請した認定資格を得られます。
認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師
小児薬物療法認定薬剤師
認定実務実習指導薬剤師
いずれも日本薬剤師研修センターの認定資格。
認定薬剤師は研修認定薬剤師制度のもと、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法規・制度など、良質の薬剤師業務を遂行するために、自己研鑽した成果について、一定期間内(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位を取得したと申請した後、認定された薬剤師。
漢方薬・生薬認定薬剤師は、漢方薬・生薬に関する専門的知識を修得し、能力と適性を備えた薬剤師。
小児薬物療法認定薬剤師は、小児薬物療法分野において一定レベル以上の能力と適性を持っていることを試問等により確認し、認定された薬剤師。
認定実務実習指導薬剤師は、薬剤師としての実務経験が5年以上あり、薬剤師業務を日常的に行うとともに職能の向上に努め、かつ、厚生労働省の予算補助事業である日本薬剤師研修センターが実施する研修等を修了し、6年制薬学生の実習指導に情熱を持った薬剤師として認定された薬剤師。(薬局薬剤師約7,000人/病院薬剤師役3,500人が認定を受けている。)
その他、緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会認定)、プライマリ・ケア認定薬剤師(日本プライマリ・ケア連合学会認定)、認定指導者・認定専門指導者(日本禁煙学会認定)、在宅療養支援薬剤師(在宅療養支援薬局研究会認定)、スポーツファーマシスト(日本アンチ・ドーピング機構と日本薬剤師会の協力による認定)、救急認定薬剤師(日本臨床救急医学会認定)、抗菌化学療法認定薬剤師(日本化学療法学会認定)、栄養サポート(NST)専門薬剤師(日本静脈経腸栄養学会認定)等があります。
薬剤師の主な就業場所
薬剤師の主な就業場所としては、病院内の薬局、調剤薬局です。また、製薬会社やMR(医薬情報担当者)、大学等の研究機関、衛生行政機関・保健衛生施設の順となっています。

5:専門用語

ページトップへ

  • 調剤・・・薬剤を調合する(決められた分量にまぜ合わせる)こと。
  • MR・・・医薬情報担当者(Medical Representativesの略)。製薬会社の営業部門に所属している。最近では、人材派遣会社から派遣されて製薬会社で働く場合もある。医療機関を訪問し、自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報を医師、歯科医師、薬剤師、看護師などに提供し、医薬品の適正な使用と普及を図る。また、使用された医薬品の効き目や効果的な使い方や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して報告し、医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバックする
  • 服薬指導・・・患者又は現にその看護にあたっている者に対し、調剤した薬剤の適正な使用のために、必要な情報を提供すること。
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)・・・「介護保険法」に規定された専門職で、居宅介護支援事業所や介護保険施設に必置とされている職種。居宅介護支援事業所や介護保険施設等で介護サービス計画(ケアプラン)の立案を担う。介護サービスの利用調整や関係者間の連絡などをすることで、利用者の心身の状況にあわせて自立した日常生活を営むことができるよう支援をしている。一定の実務経験を有し、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、かつ、介護支援専門員実務研修の課程を修了することで、介護支援専門員として登録をすることが出来る。