『食道がん』に対する放射線併用「テロメライシン」ウイルス療法の臨床研究

最終更新日:2019年5月21日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

『食道がん』に対する放射線併用「テロメライシン」ウイルス療法の臨床研究

2019.02.19

岡山大学は1月8日、藤原俊義氏(同大大学院医歯薬学総合研究科消化器外科学分野教授)、白川靖博氏(同准教授)らの研究グループによって、『食道がん』に対する腫瘍選択的融解ウイルス製剤「テロメライシンン(Telomelysin、OBP-301)」を用いた放射線併用ウイルス療法の臨床研究について、最終報告を行った
同研究成果は、米国サンフランシスコで1月17日~19日に開催される「米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI)」で発表される予定だ。

標準的な治療が難しい『食道がん』患者への新たな治療法を探求

『食道がん』は、嚥下機能・呼吸機能への影響が大きく、合併症を有する高齢患者も多い。

合併症となると、広い範囲のリンパ節切除を伴う手術や一般的な抗がん剤治療が難しい症例も増えてる。

また、『食道がん』の多くのケースでは、症状が進行することで口から食べられなくなるため、『生活の質(QOL)の低下』が免れないとされている。

そのため、『食道がん』の標準的な治療が難しい患者への新たなやさしい治療法が望まれていた

国産の抗がんウイルス製剤「テロメライシンン」

岡山大学では、国産の抗がんウイルス製剤として「テロメライシンン」を開発

同剤は、感染したがん細胞を殺傷し、放射線に対する感受性を増強することが分かっている。

同大学病院では、2013年11月29日から2018年1月16日まで、計13例(53~92歳)の食道がん患者を対象として、同剤の内視鏡的腫瘍内投与と放射線治療を併用する臨床研究を実施してきた。

「13例中8例」で食道の腫瘍が消失、大きな副作用もなし

この臨床研究において、同剤における治療は、以下のように行われた。

第1日目…内視鏡を用いて食道の患部に0.2mlずつ5箇所に計1ml投与
第4日目~…週10Gyの放射線治療を6週間、計60Gy実施
第18日目と32日目…同剤の腫瘍内投与の追加実施

治療実施結果からは、評価可能な「12例中11例」で腫瘍縮小が認められ、うち「8例」では食道の腫瘍が完全に消失したという(完全奏功、CR)

手術・標準的な抗がん剤治療が難しい食道がん患者などに役立つと示唆

有害事象としては、「発熱」、「白血球減少」などが60%以上でみられ、無症候性の一過性のリンパ球減少は全例に認められたものの、いずれも回復しており、同治療と明らかな因果関係を有する用量制限毒性(DLT)は観察されず、安全性・有効性を確認。

今回の試験結果から、同剤は、手術・標準的な抗がん剤治療が難しい食道がん患者などに役立つことが示唆された

また、現在、オンコリスバイオファーマ株式会社(同大学発ベンチャーと岡山大学病院、国立がん研究センター東病院が共同で、同様のプロトコールで第I相臨床試験(企業治験)を進行している。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム