創薬向けソフトウェア「NoviSight」発売、『3次元細胞解析技術』を導入

最終更新日:2018年11月13日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

創薬向けソフトウェア「NoviSight」発売、『3次元細胞解析技術』を導入

2018.10.25

オリンパス株式会社は9月10日、『3次元細胞解析技術』を開発し、同技術を搭載したソフトウェア「NoviSight」を9月10日から米国で導入・発売したことを発表した。

『3次元細胞解析技術』は、創薬市場における研究効率の向上・新薬開発リスクの低減などへの貢献が期待されている。

10~20年の期間と数百億円の費用を要する新薬開発

製薬・バイオテック市場において、新薬の探索を行うことは、難病や治療方法の確立されていない病気を克服するために重要だ。

一方で、1つの新薬が発売されるまでの一般的な目安として、10~20年の期間と、数百億円の費用を要すると言われる。

また、候補化合物が新薬になる確率は3万分の1と低いため、開発リスクの低減や創薬プロセスの効率化が求められている。

創薬市場で注目される、生体を模した「3次元の細胞モデル」とその解析

この課題の解決策として注目されているのが、生体を模した「3次元の細胞モデル」である。

「3次元化した細胞モデル」の代表例としては、スフェロイド・オルガノイドがあり、これは、ヒトの生体構造に近いものだ。

同モデルの活用によって、新薬の効果・毒性の解析を生体に近い状態で行うことが可能となる。

このような治験の前段階において精度の高い結果を得られることは、製薬市場における開発リスクの低減・創薬プロセスの効率化に貢献すると期待される。

「塊状のスフェロイド」を3次元で観察・解析するソフトウェア

今回同社が開発した「NoviSight」は、『3次元細胞解析用』のソフトウェアで、共焦点レーザー走査型顕微鏡「FV3000」シリーズなどと組み合わせて使用する。

「塊状のスフェロイド」を3次元で観察・解析し、薬剤による細胞の生死・存比率などを定量的に評価することが可能だという。

また、多数のサンプルを培養できるマイクロプレートを利用した統計的なデータ解析にも対応。薬の種類・濃度を変えながら、薬効を簡単に比較することも可能。

操作時のインターフェースは、ユーザーの効率的な作業に貢献するよう自由にレイアウトでき、分布図・ヒートマップ、グラフなどの解析結果と観察画像を紐付けて確認できるという。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム