製薬会社3社で「ドラッグリポジショニング」の取り組みへ

最終更新日:2018年8月14日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

製薬会社3社で「ドラッグリポジショニング」の取り組みへ

2017.11.29

国内製薬会社のアステラス製薬株式会社(本社:東京都中央区、畑中好彦社長)、田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、三津家正之社長)、第一三共株式会社(本社:東京都中央区、眞鍋淳社長)の3社は、10月11日、製薬企業のオープンイノベーションによる日本発創薬への取り組みの一環として、「ドラッグリポジショニング化合物ライブリー」を用いた疾患治療薬の探索プログラム「JOINUS」(Joint Open INnovation of drUg repositioning)を新たに共同実施すると発表した。

「ドラッグリポジショニング」=「薬の再活用」

一般に、「薬の再活用」という概念のドラッグリポジショニングでは、当初とは異なる薬の適応を見出すことを目的としたもの。

ドラッグリポジショニングに使われる医薬品は既承認薬・開発中止品など多岐にわたるが、「すでに治験を済ませている」、「薬剤の製造方法が確立している」などに事情で開発期間が短縮可能で、研究開発コストも抑制できるメリットがある。

「化合物ライブラリー」を構築、in virto評価系で評価

3社は、「JOINUS」プログラム開始に当たって、過去に発売まで至らなかった化合物を対象に、「ドラッグリポジショニング化合物ライブラリー」(臨床試験・前臨床試験の実施後に開発中止となった化合物)を構築

大学・研究機関・ベンチャー企業などの研究者を公募で募集、3社のドラッグリポジショニング化合物ライブラリー(50種類以上の作用機序)を提供する。

また、プログラムに応募した提供先の国内研究機関に「in vitro評価系」による化合物の評価を行ってもらう。

従来のアカデミアに提供された化合物ライブラリーは、化合物の構造多様性を考慮して、薬理活性・安全性を確認する前の化合物を含め幅広く集めたものだが、今回の化合物ライブラリーは、非臨床試験で薬理活性が認められたもので、基本的な安全性もすでに確認済みとなっている。

日本発創薬をスピーディーに

今回スタートする「JOINUS」プログラムで目指すのは日本発の「新薬開発」となっている。 プログラム内で新しい薬効評価系での活性が確認される場合には、短期間で臨床試験まで進めることもできるため、創薬へのスピードも期待される

尚、同プログラムでは研究期間は原則1年以内としている。(募集期間:2017年10月16日~11月17日、研究資金の提供はなし)

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム