『ゲノム・オミックス』で個別化医療の推進体制スタート

最終更新日:2018年9月22日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

『ゲノム・オミックス』で個別化医療の推進体制スタート

2017.07.21

遺伝子における構造変異・過剰発現などの遺伝子異常が原因で発生する「がん」

近年、このような遺伝子異常を標的として、機能制御をもたらす『分子標的治療薬』の開発が進められている。この分子標的治療薬の特徴は、それぞれの薬剤が標的とする遺伝子異常が存在しているがんに対してのみに効果がある点だ。

そこで、個々の患者のがん細胞に生じている異常がどのようなものかを調べて、がんクリニカルシーケンス検査を実施することが、より有益な薬剤治療を可能にするチャンスも広がっている。

東北大学病院では6月5日、患者の「ゲノム・オミックス」の解析・診療情報を活用することで、患者一人ひとりに最適な治療を提案する「個別化医療」を推進する取り組みを開始したと発表した。

どのような異常かを調べる「がんクリニカルシーケンス検査」

「オミックス」とは網羅的な生体分子情報の総体のことで、オミックス医療では「ゲノム(遺伝子の総体)」、「トランスクリプトーム(mRNA)」、「プロテオーム(タンパク質)」、「メタボローム(代謝物)」などの様々な分子情報を系統的に解析し、治療の最適化や発症の予防などに活用することを目指している。

今回のプロジェクトは、4月1日に同院内に設置した「個別化医療センター」が中心となるもので、ゲノムコホート研究の基盤を有する東北メディカル・メガバンク機構や、最新医学知識と基礎医学研究の基盤を有する医学系研究科などとも密接に連携する。

具体的な取り組みとしては、ゲノム医療・オミックス医療、特にがんのゲノム医療をターゲットに、個別化医療センターを中心に、疾患バイオバンクの設立と「がんクリニカルシーケンス検査」の実施を開始する。

がん死亡率低下へ「がんゲノム医療中核拠点病院(仮称)」の指定を検討

また、厚生労働省は、がんゲノム医療の推進によるがん死亡率の低下を実現するために「がんゲノム医療中核拠点病院(仮称)」を指定することも検討している

そこで同院では、今回の東北メディカル・メガバンク機構や医学系研究科との連携によるゲノム・オミックス解析基盤の充実を図るとともに、解析結果から適切な医療を提供する専門医、遺伝子診療部の高度な遺伝医療、臨床研究中核病院としての先進医療や医師主導治験の実績などの強みを生かして、指定を受けるための準備も進める方針だ。

疾患バイオバンクを活用、全エクソン解析など遺伝子解析研究

個別化医療センターでは、クリニカルシーケンス検査によるゲノム医療の提供とともに、疾患バイオバンクを活用した全エクソン解析などの遺伝子解析研究も進める

また、がんゲノム医療の推進では、希少性疾患を中心とした「個別化医療」の推進を目指すものだが、将来的には、ゲノム解析を基とした治療の最適化、発症の予防ができるような医療につなげるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム