IPF治療薬『ピルフェニドン』、NASH予防・治療薬として適応拡大か

最終更新日:2018年5月23日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

IPF治療薬『ピルフェニドン』、NASH予防・治療薬として適応拡大か

2017.04.26

メタボリックシンドロームを発症している肝臓における表現型(形質)と考えられている非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)

その最も進行性の形態である非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)は、肝臓の炎症・線維化を伴いながら肝硬変症・肝細胞がんなどを発症するケースがあるため治療介入が必要になってくる。

東京医科歯科大学では3月16日、小川佳宏氏(同大大学院医歯学総合研究科分子内分泌代謝学分野および九州大学大学院医学研究院病態制御内科学分野(第三内科)教授)、土屋恭一郎氏(東京医科歯科大学医学部附属病院助教)らの研究グループと名古屋大学、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)による共同研究で、既存薬剤の「ピルフェニドン」がマウスの非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を著しく抑制したと発表した。

研究成果は、3月17日付けの国際科学誌「Scientific Reports」(電子版)に掲載されている。

特発性肺線維症の治療薬「ピルフェニドン」

これまでにNASHの発症機構のメカニズムは解明されていないために、NASHへの効果的な治療法が確立していないことは大きな問題となっていた。

今回共同研究グループが着目した「ピルフェニドン」は、特発性肺線維症(IPF)の治療薬として、既に臨床現場で使用される薬剤だ。このIPFは、特発性間質性肺炎(IIP)の一種で、肺の線維化による拘束性換気障害を引き起こす肺疾患。しかし、同剤の抗線維化作用の分子機構は分かっておらず、同様に繊維化が見られるNASHへの有効性についてもやはり不明だった。

今回、同研究グループではピルフェニドンの治療効果について、独自開発したNASHモデルマウスを対象に検討。NASH治療薬としての有効性かあるのかを検証した。

肝臓の炎症所見・線維化を顕著に抑制

その検証結果では、ピルフェニドンを経口投与したNASHモデルマウスでは、脂肪肝の形成には影響は見られなかったが、NASHの病理所見とされる炎症所見・線維化を顕著に抑制することが分かったという。 また、NASHモデルマウスにおける肝臓の細胞死についてもピルフェニドンが抑制し、培養肝細胞でも腫瘍壊死因子(TNF-α)によって誘導される細胞死を抑制することが確認されたとしている。

NASH予防・治療薬として適応拡大(ドラッグ・リポジョショニング)にも期待

今回の研究結果によって、これまでIPF治療薬とされていかピルフェニドンがNASHの予防・治療薬としても適応拡大(ドラッグ・リポジョショニング)できる可能性が出てきたことが示された。

また、NASHの予防・治療には、過剰な肝細胞死の抑制が重要である可能性もあり、今後はNASHの病態解明や新治療法の開発に期待がかかる。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム