服薬管理カレンダーを開発、在宅医療での実証試験開始へ-神戸大ら

最終更新日:2018年7月23日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

服薬管理カレンダーを開発、在宅医療での実証試験開始へ-神戸大ら

2017.03.01

近年の超高齢化社会を背景にした医療費の高騰の抑制を目的にして、国による『在宅医療』へのシフト推進によって、今後の国内における在宅患者数は増加傾向を辿ると予想されている。

そのため、治療方針も現状の主流である入院治療から外来治療へと移行することになるが、その一方で、在宅医療を始めとした外来治療では、食事から服薬まで患者本人や患者の家族のサポートに頼る部分が多くなる

そのため、患者や家族の申告や医療従事者が訪問した際の事後確認だけでは、正確には服用状況を把握しきれずに、実際とは異なる服用情報による不必要な薬の追加、結果として不要な残薬が生じるケースも多くなっている。

神戸大学は2017年1月11日、同大学医学部附属病院、株式会社アインホールディングス、大日本印刷株式会社の3者が共同で、在宅医療中の患者の服薬状況を把握する「服薬管理カレンダー」を開発し、同カレンダーを活用したエビデンス構築を目的にして近く実証試験を開始することを発表した。

『お薬カレンダー』を利用した「服薬管理カレンダー」

同プロジェクトでは、神戸大学の薬剤部と患者支援センターがシステム評価・エビデンス構築の研究計画の立案・解析を行い、アインホールディングスが実証試験の実施を担当、大日本印刷は服薬管理カレンダー作成と関連システム構築・改修を担当するとしている。

今回3者は共同で、在宅医療で使われる『お薬カレンダー』をそのまま利用して、実際の服用状況をより正確に把握できる環境の構築として「服薬管理カレンダー」を開発した。

患者が服薬時に飲み間違いや飲み忘れなどをなくす『お薬カレンダー』は、患者本人やその家族が利用できる服薬管理アイテムとしても知られている。

回路で服薬情報を自動記録、スマートフォンで読み取り

開発された「服薬管理カレンダー」は、従来の『お薬カレンダー』のように『月〜日』の各曜日に『朝・昼・夕食後、就寝前』の4つのポケットが設けられており、全てのポケットに1回服用分の薬が入った「薬入れ袋」がそれぞれ格納されている。

さらにカレンダーの裏面に回路を印刷。各ポケットと電子モジュール端子がつながれ、患者本人がポケットから薬入れ袋を取り出すと、取り出したポケットの位置や日時が自動で記録される仕組みを導入している。

電子マネーやクレジットカード、乗車券などの非接触ICカードにも使われるNFC(短距離無線通信)搭載のスマートフォンなどをこのカレンダーにかざすことで『記録情報の読み取り』やスマートフォンの画面上の『服薬情報の表示』も可能だ。

また、大日本印刷の「DNP モニタリングシステム Your Manager」を活用することで、患者の生活行動を可視化して、医療従事者が診断や処方、指導に活用することもできるという。

訪問薬剤管理指導対象の患者への検証でエビデンス構築

すでにプロトタイプ(試作品)は完成しているが、今年1月~3月までの期間に、アイン薬局夕張店(北海道夕張市)で訪問薬剤管理指導を行っている患者10人を対象にして実証試験が行われる予定

3者では実証実験によってエビデンスを蓄積することで、さらに使いやすい服薬管理カレンダー開発を進めていきたいとしている。また、この共同研究を通じて今回の服薬管理カレンダーの普及への製品化や販売・供給体制の強化も図っていく方針だ。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム