大学発ベンチャー表彰、「コスメディ製薬」など医療分野でも

最終更新日:2018年5月23日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
薬剤師コラム

大学発ベンチャー表彰、「コスメディ製薬」など医療分野でも

2016.10.17

大学などの研究開発成果を活用して起業した「大学発ベンチャー」の取り組みや大学発ベンチャーへの支援を行う大学や企業の取り組みを促進する『大学発ベンチャー表彰』の2016年度の受賞者が発表された。

これは、科学技術振興機構(JST)と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が共催するもので今年が3回目となり、8社の大学発ベンチャーが受賞し、その中で複数の医療ベンチャーも表彰されている。

京都薬科大学発「コスメディ製薬」の経皮吸収型医薬品

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)理事長賞を受賞したのは、京都薬科大学発ベンチャー・コスメディ製薬株式会社(京都府京都市南区、神山文男社長)。

同社は、貼る微細針(マイクロニードル)を使って薬物を皮膚から吸収させる「経皮吸収型医薬品」の製剤研究に取り組む。

京都薬科大学発ベンチャーとして2001年に設立し、今春にはドラッグストアなどの一般小売流通向けとして、新ブランド「京薬粧(きょうやくしょう)」を立ち上げた。この商品にも経皮吸収システム (TTS)技術が活用されており、「貼る」タイプのユニークな美白ケア化粧品だ。

TTS技術を活用したスキンケア化粧品

同社では、ここ近年、このTTS技術を活用したスキンケア化粧品のラインナップを相次ぎ拡大しているようだ。「美肌小町」シリーズでは、美容シートの「白色小町」やネイルシートの「艶指小町」、リフトアップマスクの「小顔小町」などの目的ごとの商品が揃っており、顔や指の爪などに貼ることで保湿や美白ケアを行うものになっている。

大阪大学発「ファンペップ」など、4社の医療ベンチャーが選出

また、文部科学大臣賞を受賞したのは、大阪大学発ベンチャー・株式会社ファンペップ(東京都渋谷区、平井昭光社長)。2013年設立のベンチャーで、「機能性ペプチド」の研究成果を活用した医薬品・化粧品などの開発を行っている。

その他、日本ベンチャー学会会長賞に名古屋大学発ベンチャー・株式会社ヘルスケアシステムズ(愛知県名古屋市千種区、瀧本陽介社長)(モノクローナル抗体を用いた未病バイオマーカーの研究開発と生活習慣改善を目的とした郵送検査事業)、大学発ベンチャー表彰特別賞にジーニアルライト株式会社(静岡県浜松市中区、下北良社長)(紫外域から近赤外域の光技術や電子・電気技術を駆使した医療・ヘスルケア機器の開発・販売)がそれぞれ選出され、医療ベンチャーからの選出は4社となっている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒薬剤師の求人一覧

関連コラム