AYA世代の治療に特化、「統合失調症AYA世代センター」開設

最終更新日:2018年11月18日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
作業療法士コラム

AYA世代の治療に特化、「統合失調症AYA世代センター」開設

2018.04.24

東京大学医学部附属病院は3月20日、『AYA(Adolescent and Young Adult)世代』の統合失調症患者を治療することに特化した「統合失調症AYA世代センター」を開設すると発表した。

統合失調症当事者を対象にした治療としては、『成人期モデル』による治療提供はこれまで全国で行われてきたが、AYA世代に対象を特化した専門治療の提供はほとんど行われていなかった。

同院の精神神経科では、今回これまで培ってきた統合失調症治療体制を集約し、AYA世代に特化した集学的治療・包括的ケアのための日本初の専門診療センターの開設となる。

統合失調症発症の好発時期である『AYA世代』

思春期・若年成人世代にあたる『AYA(Adolescent and Young Adult)世代』。

近年では、このAYA世代の医療・ケアの充実が主張される機会が増加しており、その中でも、先天性疾患、慢性小児疾患患者、小児がん領域などが注目されている。

それとともに、このAYA世代の健康生活が損なわれる最大の要因となっているのが、「精神疾患」であることも明らかになっており、大きな問題になっている。特に、統合失調症の発症は好発時期にあたることもあり、統合失調症を発症した際には、初期に適切に治療、支援を行うことが重要とされている。

「専門入院プログラム(ディスカバリープログラム)」を新たに設置

今回開設される「統合失調症AYA世代センター」には、すでに統合失調症との診断・治療を受け、より専門的な医療を希望する人や、統合失調症に類似の症状が出現している人などが外来として初診し、病状によって、発症前駆状態と考えられる場合は「こころのリスク外来」、発症後は「統合失調症専門外来」での診察を受けられる。

この外来での医学的評価を経て、「専門入院プログラム(ディスカバリープログラム)」を導入する場合と、「外来治療」を続ける場合に大別される。

「専門入院プログラム(ディスカバリープログラム)」では、「各種検査」・「正確な診断」・「本人の希望の確認」・「生活能力の評価」・「生活リズムの改善」・「薬物療法の適正化」・「セルフマネジメントプランの作成」・「社会資源の導入」などを包括的に実施するとしており、新たに設置されたプログラムだ。

急性期治療からリハビリテーションまで一貫してサポート、今年4月に開設

同センターでは、AYA世代にある統合失調症当事者の急性期治療からリハビリテーションまでを一貫して多職種協働で行うことを目標としている

また、当事者の同センター退院後には、同院デイホスピタル、作業療法の利用や地域医療・福祉資源の導入などにより、就労・就学などの社会復帰までをサポートする方針だ。

同センターは今年4月の開設に向けて準備が進められており、受診方法などは4月初旬より東大病院ホームページで案内予定だ。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒作業療法士の求人一覧

関連コラム