クチナシ色素「クロセチン」が近視進行を抑制する可能性

最終更新日:2019年7月22日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
視能訓練士コラム

クチナシ色素「クロセチン」が近視進行を抑制する可能性

2019.03.01

慶應義塾大学は1月23日、坪田一男氏(同大医学部眼科学教室教授)、栗原俊英氏(同特任准教授)、森紀和子氏(大学院医学研究科博士課程3年)らの研究グループが、ロート製薬株式会社と共同で行った研究によって、クチナシ由来の色素成分「クロセチン」の以下のような効果を確認したことを発表した。

・「EGR-1※」の発現量を増やす効果がある(※近視進行抑制に関連する遺伝子のひとつ)
・近視誘導モデルで「眼軸長の伸長」や「屈折度数の変化」を有意に抑制する

同研究成果は、世界初となるもので、学際的総合ジャーナル「Scientific Reports」に1月22日付で掲載されている。

近視が進む「学童期」での有用なアプローチが課題

近年、「近視」の有病率は、全世界で増加傾向にある。全世界の人口の3分の1は「近視」だとされる。

「学童期」が特に近視が進みやすく、日本国内においては、「視力1.0未満」に該当するのは、高校生の「6割以上」、中学生の「5割以上」、小学生の「3割以上」である。(文部科学省が調査報告)

「近視」は生活の不便さをもたらすだけでなく、ケースによっては、視覚障害に繋がる可能性があり、社会問題となっている。

強度近視を防ぐために、「学童期」からの有用なアプローチが望まれている。

クロセチンが「EGR-1」の発現を高め、近視進行の指標が抑制

同研究グループでは、先行研究で、屋外環境に豊富にある波長域(360-400nm)の光が近視進行を抑制することを発見。

この光を浴びると、実験近視モデルで眼軸長伸長(近視進行の程度を示す)が抑制され、「early growth response 1(EGR-1、近視を抑制する遺伝子のひとつ)」が有意に上昇していることを確認。

今回、同研究グループは、この「EGR-1」に着目。

EGR-1遺伝子の発現を高める食品素材のスクリーニングを実施した結果、200種以上の素材の中で、「クロセチン(クチナシ由来の色素成分)」に、極めて高いEGR-1 発現促進効果があることを発見

また、凹レンズを装用させて近視を誘導するモデルマウス(同大で開発)を使用して、クロセチン投与・解析を実施した結果、近視化の指標である「眼軸長の過剰伸長」や「屈折度数の変化(近視化)」が有意に抑制されることを確認したという。

さらに、クロセチンの投与によって、「脈絡膜」の変化※が抑制された。
※眼軸が伸びて近視が強くなると、見え方が変化するだけでなく、網膜の外側にある「脈絡膜」が薄くなる現象

子どもの近視進行抑制に有用な製品開発に期待

今回の研究結果は、クロセチンが近視進行を抑える可能性があることを示唆する新しい知見だ。

今回の知見を活かし、さらに研究を進めることで、子どもの近視進行抑制に有用な製品の開発に繋がることが期待されるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒視能訓練士の求人一覧

関連コラム