肉を食べる頻度が「少ない」女性は、『開放隅角緑内障』リスク高

最終更新日:2019年5月27日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
視能訓練士コラム

肉を食べる頻度が「少ない」女性は、『開放隅角緑内障』リスク高

2018.11.21

国内における失明原因の第1位を占める『緑内障』は、日本人の40歳以上の20人に1人が発症すると推定されている。

この緑内障の8割を占めるのは、『開放隅角緑内障』だ。

年齢や高眼圧、近視などが緑内障リスクと考えられているが、生活習慣においてリスクとなるものはよくわかっていない。

旭川医科大学は10月3日、木ノ内玲子氏(同大医工連携総研講座特任准教授)らの研究グループによって、「肉を食べる頻度が少ない女性」は、緑内障リスクが高いことを示されたことを発表した。

同研究成果は、科学雑誌「PLOS ONE」に掲載された。

横断的集団研究を実施、緑内障リスクと生活習慣との関連を調査

同研究グループは今回、横断的集団研究を実施(北海道留萌市の40歳以上の約1,700人が対象)。

眼底写真検診で確認された『開放隅角緑内障』の患者群と非患者群での、「年齢」、「生活習慣」、「健康測定値」などを比較した。

生活習慣では、「運動」や「喫煙」、「飲酒』、「魚や肉を食べる頻度」などを調査し、「身長・体重」、「血圧」なども測定、統計的に処理した。

患者女性は、1週間に肉を食べる日数が「約1日」少なく

研究結果からは、「開放隅角緑内障の女性」において、そうでない女性と比較して、1週間に肉を食べる日数が少ないことが判明した。

「開放隅角緑内障の女性」の1週間に肉を食べる日数は、「平均1.7日」だったのに対し、そうでない女性は「平均2.7日」だったという。

肉を食べる日を増せば、開放隅角緑内障リスクが減る可能性も

今回の研究結果から、女性では1週間に1~2日肉を食べる日を増やすことで、開放隅角緑内障になるリスクが減る可能性が示唆された。

アジア圏では、開放隅角緑内障の中でも、「正常眼圧緑内障(眼圧があまり高くない緑内障)」である患者の割合が多いことが分かっている。

これは、「食習慣」が影響している可能性も考えられるという。

同研究グループでは、今回の研究によって得られた知見が、実際に予防に役立ったり、他の国・地域などでも同様に見られるものなのか、今後も研究が必要になるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒視能訓練士の求人一覧

関連コラム