20~30代の若者に「スマホ老眼」が増加

最終更新日:2018年6月20日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
視能訓練士コラム

20~30代の若者に「スマホ老眼」が増加

2015.12.01

一日の疲れの溜まった夕方の仕事終わりに、ふと腕時計を見たり、電車の中で中吊り広告を見ると、目の前がぼやける症状が出ることはないだろうか。
手元などの近くのものを見た時にピントが合わず、見えにくいといった老眼のような症状によって、20~30代でも悩む人が最近増えている。
スマートフォンなどが原因の「スマホ老眼」とも呼ばれ、新たな現代病とも言われる。
ビジネスパーソンの中には、職場でパソコンを使うほか、外出中にスマホでのメール確認や情報収集を行い、仕事後の自宅でもスマホが手放せない人がいるのではないだろうか。

スマホ老眼

いわゆる「スマホ老眼」の原因はスマートフォンを長時間見ることによる目の酷使と言われる。
手元がぼやけて見えにくい、朝は新聞を読めるが夕方になると読みにくくなるなど老眼の初期症状に似た症状が出るという。
視力低下や眼病などではなく、スムーズな「ピント調節」が行えなくなる調節障害が特徴だ
近くを見る際は、カメラでいう凸レンズの役割を果たす水晶体の厚さを変えてピントを調節する。
水晶体につながる毛様体と呼ばれる筋肉が引っ張られて水晶体の暑さを変えるが、この状態が続くと筋肉疲労を起こす
また加齢に伴い、40歳前後から始まる本来の老眼では、水晶体の弾力性が弱まって硬くなったり、毛様体が衰えたりするとピント調節ができなくなる。

「調節緊張」で目のピント調節が不可能に

「スマホ老眼」は、医学的には仮性近視(調節緊張性近視)と呼ばれる症状だ。
近くを見続けていた結果、過剰に調節していたことで筋肉が凝り、ピント調節が上手くできなくなる。そのため実際には老眼ではなく、その症状は一時的なことが多い。
しかし、重篤化すると、緊張状態でピントが固定されたままになることがある。
パソコンの長時間利用やテレビの見過ぎでも同様の症状は起こるが、スマホの場合、より近い距離で画面上の小さい文字を凝視するため症状が出やすいという。
眼鏡のチェーン店の中には、老眼予防を呼びかける動きがある。
株式会社ビジョン・ホールディングス(大阪府守口市・安東晃一社長)が展開するビジョンメガネは今年、老眼症状のある来店者に老眼予防に効果のあるとされる目のストレッチや食事を来店者にアドバイスするような接客を一部店舗で開始。
株式会社メガネスーパー(神奈川県小田原市・星﨑尚彦社長)が展開するメガネスーパーでは今年3月に、眼精疲労の改善などの「眼のリラクゼーション」を施す施術スペースを併設した新業態の店舖を都内にオープンした。

目の使い過ぎに注意、1時間に10~15分は休憩を

スマホだけでなく、パソコンやタブレットなどの過度の使用は、目への悪影響にとどまらず、体調面や精神面での悪影響もあり、仕事の能率の低下につながるケースもある。
その対処法として、1時間のうち10~15分は休憩し、遠くの景色を眺めたり、立体視の写真や映像(ステレオグラム)を見るのも良いという。 また、目を温めることでも疲れを取ることが出来るが、症状が改善しない場合は眼科受診が勧められる。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒視能訓練士の求人一覧

関連コラム