医療・介護の求人・転職・仕事情報サイト【メドフィット】医療・介護の求人・転職・仕事情報サイト『MED×Fit』

0120-978-615
月~金 9時~18時(携帯・PHSもOK)

大人の「斜視」、原因は生活習慣病・脳腫瘍などでも

2017.12.18

日本人の発症割合2~3%と言われる「斜視」は、交通事故で頭を強打した場合や脳腫瘍、甲状腺などが原因となるケースもあり、手術で目玉の筋肉を調節するのが一般的だ。また、糖尿病や高血圧が原因の場合もあり、食生活や運動習慣、睡眠時間などの見直しが予防につながるだろう。ここでは、大人になってからの斜視について、原因や診断、手術方法について解説する。

大人になってからの「斜視」

日本人が発症する割合は2~3%と言われる「斜視」。一方の目の視線は正しく向き、もう一方の視線が正面の見ようとしている対象と異なる左右上下のいずれかの方向に向く状態のことだ。

子供の場合、斜視は視覚の発達を妨げる危険性がある一方、大人の場合では、生活習慣病や脳腫瘍などの大病のサインになることもある。

「斜視」のメカニズム

まずは、「斜視」のメカニズムについて。目玉に付いている筋肉には6つあり、それぞれの筋肉のバランスで伸びたり縮んだりして上下左右を見るようになっている。この筋肉の力のバランスが崩れると、視線の方向がずれてしまう。

「斜視」の5つのタイプ

斜視は外見上によって、以下5つの分類に分けられる。

斜視の分類 症状の特徴
外斜視 片方の目玉が外側を向く
内斜視 片方の目玉が内側を向く
上斜視 片方の目玉が上を向く
下斜視 片方の目玉が下を向く
回旋斜視 ダイヤルを回したように目玉が傾く

また、「外斜視」でも、常にずれている「恒常性外斜視」と、ずれない時が混在している「間欠性外斜視」の2種類に分けられる。恒常性外斜視では、間欠性外斜視が経過とともに悪化したケースが多く、白内障(※1)手術で視力・両眼視が改善されることで斜視が良くなることも多い。 ※1白内障とは、目の中にある水晶体が濁ることで透明でなくった状態になり、視力が低下する病気のこと。目がぼやける、かすむ、といった症状が現れる。

しかし、緑内障(※2)での視野欠損・視力低下がある場合は、両眼視に障害が起きており、白内障手術を受けても斜視が改善するとは限らない。
※2緑内障とは、眼圧が高くなり視神経が障害を受けて、視野が狭くなる病気のこと。中には、眼圧が正常範囲でも、視神経の抵抗性が弱く緑内障を発症することもある。

また、顕微鏡での操作が非常に困難になる白内障手術では、手術をする目が正面を向かずに外側にずれた状態だとそもそも手術自体ができない。

大人に多い「間欠性外斜視」とは?

間欠性外斜視は、正常な時と外斜視の時、2つの状態を合わせ持つ外斜視である。先天的なものだが、年齢が上がるにつれて物が二重で見えるなどの自覚をし、間欠性外斜視と診断されることが多い。

基本的に目の位置は外側を向いているものの、無意識に力を入れることで外斜視にならないようにしてるため、疲れやすく、体調不良や眠気を感じている時には外斜視が現れる。
外斜視が現れた際には、片方の目でのみ物を見ている場合や、物が2つに見えている。
偏位量が小さい場合は、プリズム眼鏡などの視能訓練が勧められることが多いが、偏位量が大きい場合には斜視手術が行われる。

「斜視」の原因

大人になってからの斜視では、交通事故で頭を強打した場合や脳腫瘍、甲状腺などが原因となって目の神経が圧迫されることで、この6つの筋肉の働きに異常が生じて斜視になるケースがある。

また、糖尿病・高血圧症などの生活習慣病によって目の周りの細い血管が詰まることが原因で、筋肉の動きが麻痺することでも斜視を発症するケースもある。

さらに高齢の場合の斜視は、白内障による視力低下、両目が正面を向くように働く両眼視の低下、緑内障による視野異常などが原因と考えられる。

「斜視」の診断

裸眼での視力や、屈折異常を矯正した視力を測り、眼球運動や眼位の検査をした上で、片方ずつ、目をカバーする遮閉試験により診断をする。
また、器質的疾患を伴う急性内斜視ではMRIを使用した検査や、大人の内斜視の場合には、脳や血管の異常、加齢などによっても斜視が起こることがあるため、目の状態だけではなく原因を調べることも必要となる。

「斜視」の手術

斜視が日常の生活において影響が出るのは、「2つの像」がずれて見えるケース。また、目の疲れや頭痛、肩こりといった症状が出るようであれば、見える像に異常がなくても、無意識に視線を調節しているケースがあるため治療が必要になる。

目玉と筋肉の接合部分を一度切り離し、後ろにずらす・短くして縫うことで、目玉にかかる力加減を調節する手術が最も一般的で、手術でほぼ完治するが、手術後に症状が戻ることもあるため、注射薬や専用の眼鏡での治療を行うこともある。

また、糖尿病や高血圧が原因となるような斜視では、食生活や運動習慣、睡眠時間などを見直すことで予防にもつながる。


【出典】
1、https://www.fnn.jp/articles/-/2197

参考リンク
日本人2~3%「斜視」発症…視覚発達妨げる危険性、脳腫瘍など大病のサインも ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171023-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_kaisetsu-kikaku_shiritai

© 2011 medfit-gishi
ページのトップへ戻る