メカジキやサメなどの魚に含まれる高濃度水銀はALS発症要因の1つか

最終更新日:2021年4月5日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

メカジキやサメなどの魚に含まれる高濃度水銀はALS発症要因の1つか

2021.03.09

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症には、水銀を高濃度で含有しているメカジキやサメなどの魚の摂取が関与しているという研究報告があった。水銀は有毒金属であるため、それによる悪影響との見方で、水銀濃度の低いサケやタラ・イワシなどを多く食べた方が良いという。ここではALSについての基礎的知識と、ALSと水銀の関係などについて解説する。

ALSと水銀摂取量の関係

重篤な筋肉の萎縮や筋力低下が見られるALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症に水銀を高濃度で含有しているメカジキやサメなどの魚の摂取が関与しているという研究報告があった。日頃から「魚をよく食べる」ことは、より健康的な食生活だと考えられているが、これはそれを覆すような報告だ。

これはアメリカ・ダートマス大学医学部(ニューハンプシャー州)の研究グループによるもので、今回の研究結果は米国神経学会(AAN)の年次集会(4月22~28日に開催)で発表された。

同研究グループでは、これらの魚を食べ過ぎるとALS発症リスクが上昇する可能性のあるとして、その有害性を警告している。ただし、魚介類全般についてALS発症のリスク上昇を示唆しているわけではないようだ。

そもそもALSとは?

ALSとは進行形の神経疾患で指定難病の1つである。運動神経系が障害を受けることで、脳から運動神経への指令が伝わらず体を動かすことができないため、筋肉が痩せていく。ただし、通常の場合であれば内臓の機能や感覚は保たれる。

国内の患者数は約1万人とされ、男性に多く発症すること、年齢層は60~70歳代であることが特徴だ。
発症後、死亡までの期間は約2~5年とされていたが、近年の医療発達により10数年などの長期間でゆっくりとした経過をたどることもある。

■ALSで見られる症状

筋肉を動かすための命令を出す運動神経に障害が起こるため、体が動かなくなる。
初期症状としては、手や足に力が入らない場合や、口や舌が動きにくくなり、嚥下しにくくなったり、構音障害が出る場合がある。
進行が進むと呼吸する筋肉の力も弱まり、呼吸障害が起こり人工呼吸器が必要となることもあるが、症状が進行しても通常は五感や意識が損なわれることはない。

■ALSの発症原因はいまだ解明されていない

ALSは1869年に発見されたものの、原因はいまだ解明されていない。神経の老化や、グルタミン酸過剰や酸化ストレス、フリーラジカルとの関係も指摘されているが、いずれも確定的でない。全体の5%は家族内で発症(家族性ALS)することが分かっており、遺伝によるものもあるとされている。

ALSについての最新情報は、難病センターの最新情報をチェックするといい。
https://www.nanbyou.or.jp/entry/52

ALSの発症要因の1つ?有毒金属の水銀を高濃度に含んだ魚類には注意

ALSの発症原因はいまだ詳しくは解明されていない。
これまでにも一部の研究でその発症原因(危険因子の1つ)として、水銀が挙げられている。
同研究グループでも、魚の摂取による健康的な食生活のメリットを認める一方で、魚に含まれる水銀の影響についての危険性を指摘している。

ALS患者294人を含む581人を対象にして、魚介類の摂取量を調査した結果、ALS患者ではその6割以上が年間の水銀摂取量で全体の上位25%に属していた。

また、日常的に魚介類を食べる人のうち、年間の水銀摂取量が上位25%の群ではALSリスクが2倍、足の爪の水銀含有量の検査と食事内容に基づく水銀値の高い群でもALSリスクが2倍になったという。

米国食品医薬品局(FDA)は、小児や出産適齢期の女性ではサケ、タラ、イワシなどの栄養価が高く水銀濃度の低い種類の魚を週2~3回食べること、水銀濃度が高いサメ、マカジキ、メカジキなどを避けるよう推奨している。

小児・出産適齢期の女性はサケ、タラ、イワシなどがおすすめ

水銀を摂取してしまうのは、そのほとんどが魚の摂取によるものだとしている。

水銀は環境中に存在する有毒な金属の一種であり、国内では妊婦の水銀の摂取を注意する魚として、以下を挙げている。




・バンドウイルカなどのイルカ
・コビレゴンドウなどのクジラ
・マグロ
・キンメダイ
・ヨシキリザメ など
それらには高濃度で水銀が含まれるため、妊婦への摂取量の目安を設けている。これは、胎児への水銀の悪影響を避けるためのものになっている。
普段から魚を摂取していくときに水銀の含有量にも気を配りながら食材を選んでいくといい。

厚生労働省からも妊婦の水銀摂取に関する注意事項が発表されているので確認していただきたい。
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/suigin/dl/051102-2a.pdf

今回、改めて要因の1つとして水銀の影響が報告されたため、ALSの原因究明がさらに進んでいくことも期待したい。


【出典】
1、https://www.drmitsuo.com/2017/11/01/mercuryriskmocmoc/

参考リンク
メカジキやサメなど魚に含まれる高濃度水銀がALS発症に関与か QLifePro
http://www.qlifepro.com/news/20170302/whether-high-concentration-mercury-contained-in-fish-such-as-swordfish-and-sharks-is-involved-in-the-onset-of-als.html
■監修者プロフィール
梶由乃
梶由乃 (Yoshino Kaji)
はる訪問看護リハビリステーション管理者
https://haru-care.jp/
看護師資格取得後、地方のリハビリ病院にて3年、都内私立大学病院にて5年半勤務。
その後どこに行っても通用する看護師を目指し、フリーの看護師を経験し、現在は在宅看護に6年半携わっている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム