国がん、日本全国のがん罹患数・率を公表

最終更新日:2019年5月21日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

国がん、日本全国のがん罹患数・率を公表

2019.02.27

国立がん研究センターは1月17日、厚生労働科学研究費補助金「都道府県がん登録の全国集計データと診療情報等の併用・突合によるがん統計整備及び活用促進の研究」研究班によって、「地域がん登録」データを活用して、新たにがんと診断された罹患数・率として算出した数値(2015年集計値)を公表した

尚、毎年作成している冊子については、2018年度末を目処に編集・公表予定としている。

「地域がん登録」データを活用

都道府県のがん対策を目的に1950年代より一部の県で開始された「地域がん登録」。

同研究班が各地域がん登録からデータを収集する活動を開始して以降、年々参加都道府県は増加している。

2014年からは、ほとんどの地域(43地域)が『国際精度基準』を満たしており、同研究班は、「高精度地域の罹患数を死亡統計によって補正した推計値」ではなく、「本来あるべき実測値の合計(合計値)」を採用している。

また、「全国がん登録方式」でのデータ処理方法に移行した後は、その合計値が、より真の罹患数に近づいたと想定されており、国際比較も可能となっている。

「がん罹患数」、「年齢調整罹患率」ともに前年比で増加

2015年の1年間で、がんと診断された症例の推計数は、男510,926人、女380,519人(男女計891,445人)。これは、2014年の男女合計値(867,408人)より増加する結果となった。

また、年齢調整罹患率(人口10万対)も、男「430.9」、女「313.7」、男女計「362.2」と、2014年の男女計(「354.6」)より増加する結果となっている。

「部位別罹患数」では、大腸>胃>肺>乳房>前立腺

部位別の罹患数では、男性は、胃>前立腺>大腸>肺>肝の順、女性は、乳房>大腸>胃>肺>子宮の順で多かった。

(2014年は、男:胃>肺>大腸>前立腺>肝、女:乳房>大腸>胃>肺>子宮)

男女計では、大腸>胃>肺>乳房>前立腺の順で多い結果となった。

男性における順位の入れ替わりがあったものの、大腸、肺、前立腺の罹患数については、2011年以降から、ほぼ同レベルで推移している。

そのため、「がん罹患リスクの増減に直接的に関係する変動ではない」と考えられるという。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム