「魚をほとんど食べない人」は大動脈疾患での死亡リスク上昇

最終更新日:2019年3月19日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

「魚をほとんど食べない人」は大動脈疾患での死亡リスク上昇

2018.12.25

国立がん研究センターは10月15日、井上真奈美氏(国がん社会と健康研究センター部長)、山岸良匡氏(筑波大学医学医療系准教授)らの研究グループによって、「魚をほとんど食べない人」では、大動脈疾患(大動脈解離・大動脈瘤)による死亡が増加することを世界初で明らかにしたと発表した。

同研究成果は、「Clinical Nutrition(電子版)」に公開されている。

急速に死に至るケースが多い『大動脈疾患』

かつては日本国内での死亡率は高くなかった『大動脈疾患』は、近年では高齢化に伴ってやや増加傾向にある。

主に動脈硬化が基盤として生じる同疾患は、医療が進んだ現代においても、大動脈瘤が破裂・解離してしまうことにより、急速に死に至るケースは多く何より、その予防が重要になる

また、心筋梗塞と同様に魚を食べることに予防効果があると考えられていた。

しかし、がんや脳卒中などと比較すると、その症例が少ないことで、大規模コホート研究でも単独での検討が困難なために、これまでには科学的エビデンスがほとんどなかった。

日本人の「魚摂取頻度」と大動脈疾患死亡リスクとの関連

同研究グループでは、プール解析(日本国内の8つの大規模コホート研究から36万人以上を統合※)によって、日本人の「魚摂取頻度」と大動脈疾患死亡リスクとの関連について分析した。

※同プール解析への参加…国立がん研究センターによる多目的コホート研究のJPHC-I(4万7,753人)、JPHC-II(5万9,502人)、JACC研究(9万0,791人)、宮城県コホート研究(4万2,151人)、大崎国保コホート研究(4万3,635人)、三府県宮城コホート研究(2万4,038人)、三府県愛知コホート研究(2万8,098人)、三府県大阪コホート研究(3万0,080人)。

それぞれのコホートで使用している食習慣アンケート調査結果から、「魚摂取頻度」を、「ほとんど食べない」、「月1~2回」、「週1~2回」、「週3~4回」、「ほとんど毎日」の5つのグループに分けた。

「ほとんど食べない」グループに対する他の群の大動脈疾患死亡リスクを算出し、その後、全てのコホートの結果を統合した。(循環器疾患の主なリスク要因を統計学的に調整)

大動脈解離で死亡するリスクが2.5倍、大動脈瘤で2.0倍

解析結果では、魚を食べるのが「週1~2回」のグループと比較して、「ほとんど食べない」グループでは、大動脈解離で死亡するリスクが2.5倍(95%信頼区間1.1-5.5)、大動脈瘤で2.0倍(同0.9-2.1)、これらをあわせた大動脈疾患全体では1.9倍(同1.1-3.3)高まった

「月1~2回」のグループでは、「週1~2回」のグループと比較して、大動脈解離で死亡するリスクの上昇は見られなかったが、大動脈瘤で1.9倍(同0.9-4.0)とややリスクが上昇する傾向が見られた。

また、「週3~4回」のグループ、「ほとんど毎日」のグループでは、リスクの大きさは変わらなかった。

魚をより多く摂取することで循環器疾患予防に

今回の研究では、魚をほとんど食べないような非常に摂取頻度が少ない場合に、大動脈疾患で死亡するリスクが上がった。

一方で、魚を摂取する機会が少なくとも「月1~2回」あれば、大動脈疾患で死亡するリスクは高くならないことも判明した。

研究結果から、魚の摂取が極端に少なくならないことが大動脈疾患死亡を予防するために重要だと考えられる。

これまでに、魚の高摂取は、『心筋梗塞のリスク』を低下させることもわかっている。

そのため、摂取が極端に少なくならないよう気をつけるだけでなく、より多く摂取していくことが「循環器疾患予防」につながると考えられる。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム