『飲み放題』、大学生の飲酒量が約2倍に

最終更新日:2020年10月16日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

『飲み放題』、大学生の飲酒量が約2倍に

2018.10.30

筑波大学は8月29日、吉本尚氏(同大学医学医療系准教授)、川井田恭子氏(同大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻博士課程学生)らの研究グループによって、大学生を対象とした飲食店における『飲み放題』に関する横断的調査の結果、男子学生の4割、女子学生の3割が一時的多量飲酒となり、学生が『飲み放題』利用時に通常より2倍近いアルコールを摂取している可能性があることを発表した。

同研究成果は、「The Tohoku Journal of Experimental Medicine」(電子版)で公開された。

世界的な「アルコール過剰摂取」問題への対策、国内でも

世界的な問題とされている「アルコール過剰摂取」の対策として、「flat rate for unlimited drinking(一定料金での無制限飲酒)」のサービスは過剰摂取を招くとして、世界保健機構(WHO)が2009年にサービス提供の禁止・制限を提言している。

イギリスでは実際に、『飲み放題』サービスを提供することに罰則が設けられた。

日本国内でも、2013年に「アルコール健康障害対策基本法」が策定された。

さらに、2016年には、国の方針である「アルコール健康障害対策推進基本計画」が策定されている

しかし、アルコール飲料購入はコンビニエンスストアなどで24時間可能であったり、多くの飲食店では『飲み放題サービス』が提供されている現状がある。

そのため、アルコールに対して、国内は未だに「寛容な環境」といえる。

大学生などの10~20代、年間33万人が死亡

アルコール過剰摂取を原因とする死亡事故は世界的に多発しており、大学生を含めた10~20代の若年者だけでも、世界で年間33万人に達している。

そこで、日本国内においても、「大学生のアルコール過剰摂取」への対策を行うことは切実な課題だ。

一方で、アルコール過剰摂取につながる可能性の高い『飲み放題』が大学生の飲酒に与える影響に関する調査は、これまでほとんど行われていなかった。

男子学生の「4割」、女子学生の「3割」で一時的多量飲酒に

今回、同研究グループは、大学生の飲酒量と『飲み放題』との関連を調査した。

学生533人(関東の31大学35学部)を対象にして、飲食店における『飲み放題』に関する横断的調査を実施。大学生の飲酒量の差異と『飲み放題』の利用との関連を調べた。※

※『飲み放題』を利用したことがあると回答した学生511名(95.8%)を分析対象

分析結果から、飲み放題ではない場合と比較して、『飲み放題』での飲酒量は、男子学生が「1.8倍」(48.2±29.5gに対する85.9±49.7g)、女子学生は「1.7倍」(36.5±26.7gに対する63.7±39.3g)に増加していることが明らかになった。

また、3割以上(男子学生の「39.8%」、女子学生の「30.3%」)が、『飲み放題』の場合にのみ、危険な飲酒(一時的多量飲酒(HED))をしていることが判明したという。

海外の研究報告でも「all-you-can-drink(飲み放題)」が短時間での多量飲酒(ビンジ飲酒)のリスクを高め(2.44倍)、アルコール血中濃度と強く関連していることは判明している。

「アルコールに弱い体質」の日本人には極めて危険

そもそも、日本人の4~5割程度は、「アルコールが飲めない」、または「とても弱い」とされる体質である

同研究グループでは、学生が『飲み放題』を利用した時に、通常の2倍近いアルコールを摂取しているという可能性があることは、極めて危険であると推測されるとしている。

また、今後、今回の研究で得られた結果の一般化を進める予定で、全国の大学生における同様の横断研究に加えて、『飲み放題』による飲酒量の増加の要因に関する質的・量的調査を展開するとしている。

自分たちの飲酒量に『飲み放題』の利用が与える影響を認識し、サービス提供側も『飲み放題』サービスのあり方を議論していく必要がありそうだ。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム