「高濃度ビタミンC」による、がん転移抑制メカニズムで新たな知見

最終更新日:2018年8月14日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

「高濃度ビタミンC」による、がん転移抑制メカニズムで新たな知見

2018.08.07


「高濃度ビタミン(VC)点滴」は、がん転移を抑制できるという可能性が示唆されている。

しかし、VCの生理機能などの詳しいメカニズムについてはこれまで明らかになっていなかった。

東京工科大学は6月28日、佐藤拓己氏(同大応用生物学部教授)らの研究チームによって、高濃度ビタミンC(VC)による、がん転移抑制メカニズムに関する新たな知見を発見したと発表した。

同研究成果は「Reactive Oxygen Species」に掲載されている。

高濃度ビタミンCの『抗酸化作用』と『がん細胞への毒性』の作用秩序

同研究チームは、VCの特性として知られている『抗酸化作用』と『がん細胞への毒性』という2つの特性について、その作用機序を解明する研究を行ってきた

酸化物である酸化型ビタミンC(DVC)と比較した場合、VC(化学的には還元型)が細胞を保護する実体となり、DVC(酸化型)は生理作用がないものと考えられることで、VCはがん細胞に対して、DVCは脳虚血などの細胞の変性に対して、それぞれ有効であると推察し、検証した。

還元型(VC)は酸化型(DVC)の特性に違い

研究(in vitro)結果からは、細胞内の活性酸素を定量(蛍光色素など)すると、VCがDVCよりも活性酸素のレベルを低下させることが判明。

次に、VCの過酸化水素による細胞死の抑制作用を検討(がん細胞を活用)した結果、DVCが細胞死を抑制した一方で、VCには抑制作用は見られなかったという。

また、VCは基質に接着していない転移能のあるがん細胞に対して選択毒性を発揮したが、DVCにはこのような毒性作用はなかったという。

還元型(VC)はがん細胞に毒性、酸化型(DVC)は細胞を保護

VCに見られる毒性作用は、カタラーゼによって抑制されたことから、過酸化水素の産生に起因していると考えられるという。

血液を循環する転移がん細胞に対して、VCには強い抑制作用があること、さらに還元型(VC)はがん細胞に対して「毒性のみ」を有する一方で、酸化型(DVC)はこの抑制作用はなく、細胞を「保護」する作用があることが明らかとなったとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム