小児・AYA世代のがん罹患率、30歳代1位で女性の乳がん

最終更新日:2018年9月25日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

小児・AYA世代のがん罹患率、30歳代1位で女性の乳がん

2018.07.09

国立がん研究センターは5月30日、小児・AYA(思春期・若年成人)世代のがん罹患率(2009~2011年に診断)を人口集団ベースで小児がん国際分類に従って集計し、「がん情報サービス」に小児期・AYA世代に多くみられるがん種の順位も合わせた統計解説ページを新規掲載した

小児がん、AYA世代のがん罹患率を調査

小児がんは、一般に0~14歳のがんを指す。AYA世代は、15~20歳代、30歳代を指すことが多く、今回の集計データでは、15~39歳を指す。2007年には、「小児がんのみの罹患率」は公表されていた。(対象地域が15府県、診断年は1993~2001年)

今回は、対象地域を27府県に拡大し、診断年が2009~2011年の人口集団ベースのデータを集計。集計の際に、その対象年齢がAYA世代に拡大された。

年間で小児がんは約2,100例、30歳代では約16,300例

集計結果から、2009~2011年の小児がんの罹患率は、「12.3」(人口10万人あたり)。

AYA世代のがん罹患率を年齢別に見ると、15~19歳は「14.2」、20歳代は「31.1」、30歳代は「91.1」(いずれも人口10万人あたり)となった。

今回の罹患率を日本全体の人口に換算すると、1年間にがんと診断される症例数は、小児が約2,100例、15~19歳が約900例、20歳代が約4,200例、30歳代が約16,300例と推計されるという。

20歳未満は「白血病」が最多、30歳代の1位は「女性の乳がん」

また、がん種別で順位づけしたところ、0~19歳の1位は「白血病」、20歳代の1位は「胚細胞腫瘍・性腺腫瘍」、30歳代の1位は「女性の乳がん」だった。

特に女性は、20~30歳代にかけて「乳がん」、「子宮頸がん」、「甲状腺がん」が増加したという。

先行研究の罹患率より全体的に高い結果に

国がんでは、今回集計されたがん罹患率は、2007年の先行研究の結果と比較すると、全体的に高い結果となったとしている。

一方で、その原因として考えられるのは、「がん登録の精度」が向上したことだという。

尚、この研究は、厚生労働科学研究費補助金「都道府県がん登録の全国集計データと診療情報等の併用・突合によるがん統計整備及び活用促進の研究」研究班の「地域がん登録」データを活用して、同センターがん対策情報センターがん統計・総合解析研究部が行ったもの。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム