「SSRI」の抗うつ作用と異なる、うつ病の新たな治療メカニズム

最終更新日:2020年10月16日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

「SSRI」の抗うつ作用と異なる、うつ病の新たな治療メカニズム

2017.06.28

現在、うつ病治療の第一選択薬として最も広く使用されているのは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」に属する抗うつ薬だ。これはシナプスでのセロトニン再吸収に作用して、うつ症の改善を促すもので国内では100万人以上が使用するとされる。 しかし、その寛解率が半数に満たないため、SSRIでは効果のない難治性うつ病に対する新たな治療法・治療薬が待ち望まれるのが現状だ。 大阪大学では4月25日、近藤誠氏(同大大学院医学系研究科准教授)、島田昌一氏教(神経細胞生物学教授)らの研究グループが、『セロトニン3型受容体』が脳の海馬の「IGF-1(インスリン様成長因子-1)」の分泌を促進させて、海馬の新生ニューロンを増やすことで『抗うつ効果』をもたらす、うつ病における新たな治療メカニズムを発見したと発表した。 同研究結果は、4月25日付けの米科学誌「Molecular Psychiatry」誌に掲載されている。

海馬の神経新生・うつ行動と関連する『セロトニン3型受容体』

同研究グループは、運動によるうつ病の予防改善効果や海馬での新生ニューロンの増加に必須の働きをする『セロトニン3型受容体』の存在を明らかにしていた。

しかし、海馬の神経新生やうつ病の治療メカニズムにおいては、その『セロトニン3型受容体』の働きについて、詳細には解明されていない部分が多かった。

そこで今回、同研究グループでは、『セロトニン3型受容体』の働きをさらに研究。マウス実験によって、海馬の神経新生やうつ行動と『セロトニン3型受容体』がどのように関連するのかを解析し、うつ病における治療メカニズムの解明を試みた。

海馬の「IGF-1」の分泌促進により、抗うつ効果をもたらす仕組み

解析結果から、海馬では『セロトニン3型受容体』を発現する神経細胞が「IGF-1」を産生することを発見。セロトニン3型受容体アゴニストを投与したマウスでは、海馬で「IGF-1」の分泌増加がみられることが分かり、『セロトニン3型受容体』が海馬での「IGF-1」の分泌を制御する仕組みを新たに発見したという。

また、セロトニン3型受容体アゴニストが、海馬での「IGF-1」の分泌促進に伴い、神経幹細胞の分裂を促進させることで新生ニューロンが増加し、抗うつ効果をもたらす仕組みも明らかになった。

「SSRI併用」で相乗的なうつ病治療効果にも期待

今回の研究成果によって、『セロトニン3型受容体』を標的とするうつ病の新たな治療薬の開発が期待される。

また、セロトニン3型受容体アゴニストは、従来使用される「SSRI」とは異なるメカニズムで海馬の新生ニューロンの増加や、抗うつ効果を示すため、これら二つを併用した相乗的なうつ病治療によって、うつ病の寛解率を上げる可能性も期待されるという。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム