環境・生体信号のマルチセンサー携帯型自動血圧計を開発

最終更新日:2019年11月20日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

環境・生体信号のマルチセンサー携帯型自動血圧計を開発

2017.06.22

脳卒中・心不全などの大きなリスク因子の1つとされる高血圧。その発症人口は年々増加しており、医療機関などでの血圧測定の重要性も高まっている。

高血圧診断において血圧は常に変動するため、その評価として「診察室血圧」(診察室でのスポットの血圧測定)を行うだけでは不十分と考えられるようになっており、近年の高血圧治療ガイドラインでは、「診察室外血圧」(家庭血圧、自由行動下血圧)が高血圧の管理・診断で重要だとしている。

科学技術振興機構(埼玉県川口市、JST)では4月17日、苅尾七臣氏(自治医科大学内科学講座 循環器内科学部門教授)の研究グループと株式会社エー・アンド・デイ(本社:東京都豊島区、森島泰信社長)が共同で、マルチセンサー携帯型自動血圧計「TM-2441」(医療機器承認番号 229AHBZ0000700)を開発したと発表した。

同血圧計は、気温・気圧、環境生活信号(高感度身体活動)、生体信号(血圧・脈拍・カフ容積脈波形)を同時に時系列で記録できる。

今回の研究は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」のプロジェクトの1つであるヘルスセキュリティの一環。

同研究成果は、4月19~21日に開催された「第2回へルスケアIT 2017展」のエー・アンド・デイ社のブース内でも展示された。

気温・気圧、環境生活信号、生体信号の同時収集を行える血圧計

従来の携帯型の血圧計には、主に血圧値の測定機能しかなかった。一方で、測定時の環境生活信号や血圧波形などを同時測定することでリスク予測の精度を高められる。

そこで今回、共同研究グループでは、血圧値に加えて脈拍・カフ容積脈波形などの生体信号と、気温・気圧、高感度身体活動などの環境生活信号を同時に時系列記録できるマルチセンサー携帯型自動血圧計「TM-2441」を開発。

身体装着が可能な同血圧計は、24時間の血圧測定を行えるため、診察室血圧以外の自由行動下での血圧測定が可能(夜間睡眠時の血圧を含む)で、血圧の日内変動が検出できる。

『ビッグデータ』活用の臨床エビデンスを構築

同血圧計は、家庭用血圧計、診察室血圧計のどちらとしても利用可能で、「白衣性高血圧」、「仮面高血圧」、「早朝高血圧」などの評価も可能になる。

また今回の研究は、ImPACT「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」のプロジェクトの1つであるヘルスセキュリティの一環で、今後のImPACTプログラムにおいては、同血圧計を用いて、個人の血圧情報と同時に環境時系列データも自動取得するシステムを構築し、『ビッグデータ』を活用した臨床エビデンスの構築を目指す予定だ。

これにより、ミクロレベル医療データの解析に必要な「データ解析プラットフォーム」を構築していくという。

循環器イベントの発症リスクシミュレータ構築へ

また、カフ血圧波形データ、心機能、血管状態、臓器障害指標などの収集したデータを統合したビックデータをもとに、循環器イベントの発症をシミュレーションするアルゴリズムを開発し、個人の環境・生活リズムを考慮した循環器疾患の個別治療につなげるため、循環器イベント発症をリアルタイムで正確に予見するシステム、循環器イベントの発症リスクシミュレータの構築を目指すとしている。

エー・アンド・デイ社は、血圧計等バイタルセンサー機器(家庭血圧、24時間型血圧)の測定結果をクラウドに収集できるシステムの構築、自治医科大学では、この血圧計を用いて実証研究を行い、得られたデータを解析検討し、リスク指標の同定を目指す。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム