「朝食抜き」は脳出血リスクを高める、国立がん研究センター

最終更新日:2020年9月9日

Select Language >>

0120-978-615
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
看護師コラム

「朝食抜き」は脳出血リスクを高める、国立がん研究センター

2016.04.06

「朝食を食べないこと」や「朝食に何を食べているか」、「週に何日朝食を食べるのか」などの朝食の取り方が人の健康状態に及ぼす影響についてはこれまでに多くの研究が行われている。 これまでに朝食を抜くことで肥満や高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病リスクが上がることは示されてきた。 国立がん研究センターでは2月4日、多目的コホート研究(JPHC Study)の一環で朝食の欠食と脳卒中のリスクとの関連を検討した研究で、朝食を食べるのが週2回以下の人は、毎日食べる人よりも脳出血のリスクが高いとする研究結果を発表した。

多目的コホート研究、朝食と脳卒中リスクの関係を調査

今回の研究では、1995年に4箇所(岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部)、1998年に5箇所(茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古)の9保健所管内に住んでいた45~74歳の82,772人(男性38,676人、女性44,096人、循環器疾患・がんの既往が無い人)で朝食に関するアンケート項目を回答した男女を、回答された朝食の摂取回数によって「週0~2回」、「週3~4回」、「週5~6回」、「毎日」の4つに分類し、脳卒中・虚血性心疾患の発症リスクとの関連を分析した。 平均約13年の追跡期間中に3,772人が脳卒中を発症し、870人が虚血性心疾患を発症したいたことを確認した。
分析の結果、朝食を食べるのが「週0~2回」の群では「毎日」の群に比べ、発症リスクが脳卒中全体で18%、脳出血では36%も高かった
しかし、くも膜下出血、脳梗塞、虚血性心疾患では関連が見られなかった。

「朝食抜き」では朝の血圧が上昇

脳出血の最重要リスク因子は高血圧だ。
最高血圧が10mmHg上昇すると、脳卒中全体の発症リスクが約15~20%高くなるというデータもある。
高血圧は、特に早朝の血圧上昇が重要リスク因子であるとされていおり、過去の研究では朝食を抜くと空腹のストレスなどが原因で血圧が上昇する一方で、朝食を食べると血圧上昇を抑えられることが報告されている。
この朝食を抜いた場合の早朝の血圧の上昇が高血圧の発症リスクを高め、脳出血リスクへとつながっていると考えられるのだ。

くも膜下出血・脳梗塞では朝食との関連が見られず

国立がん研究センターでは、朝食を抜くことによる血圧上昇が脳出血リスクを高めた可能性があるとしている。
くも膜下出血や脳梗塞、虚血性心疾患などの循環器疾患にとっても高血圧は重要リスク因子であるが、今回朝食との関連が見られなかった。 この理由としては、くも膜下出血・虚血性心疾患に関しては十分な症例数がなかったこと、脳梗塞では症例数は多かったが脳梗塞では早朝の血圧上昇が脳出血ほど重要因子ではないことが考えられるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒看護師の求人一覧

関連コラム