『高体重』の慢性腎臓病患者は、予後が良好に

最終更新日:2019年10月18日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床検査技師コラム

『高体重』の慢性腎臓病患者は、予後が良好に

2019.01.29

東京医科歯科大学は12月20日、頼建光氏(同大大学院医歯学総合研究科茨城県腎臓疾患地域医療学寄附講座教授)と伏見清秀氏(同医療政策情報学分野特別研究教授)、菊池寛昭氏(腎臓内科大学院生)の研究グループによって、透析期腎不全患者や、慢性腎不全患者(透析導入となっていない時期)において、『BMI高値』は予後良好となり得る可能性を示したと発表した。

同研究成果は、「PLOS ONE」に掲載されている。

透析患者の『BMI高値』が生命予後良好と関連する「肥満パラドックス」

世界的にも有病率が極めて高い「慢性腎臓病(CKD)」は、進行性の疾患でもある。「CKD」の進行によって末期腎不全になると、透析療法を行うこととなり、一方で、心疾患・サルコペニアなどの重大な合併症リスクがあるため、予後不良となる。

このCKD患者は「摂取カロリー」を制限しなければならない傾向にある(塩分制限やタンパク摂取制限など)が、「摂取カロリー」を制限することが生命予後にどのような影響を与えるかは明らかにされていなかった。

また、血液透析を行っている患者は、『BMI高値』が生命予後良好と関連するという「肥満パラドックス」が報告されている

しかし、CKDの病態は複雑・多様であり、保存期(透析を導入していない時期)のCKD患者の場合、その「至適BMI」の管理に関する研究は困難となっており、画一的な基準はこれまで存在していなかった。

炎症性疾患合併の有無に関わらず、痩身が死亡リスクを増大

同研究グループでは、日本国内大規模診療データベース(DPCデータ)※を用いて、透析未導入のCKD患者(緊急入院(非計画入院)の約2万6,000人)を対象にした「BMIと入院時死亡の関係」について検証した。(主要評価項目は「入院後100日以内の院内死亡」、Cox比例ハザード解析)

※過去3年分の「日本全国の入院患者情報」、「処方内容」、「診療内容」など

検証結果からは、「痩身は死亡リスクを増大させる」ことが判明した。これは、炎症性疾患合併の有無に関わらないという。(HR: 1.82; 95% CI 1.51-2.19, HR 1.39; 95% CI 1.16-1.67)また、BMIが高値であるほど、入院中の予後が良好となる傾向が判明した。

糖尿病の合併の有無によってCDK患者群を層別化した検証では、痩身はやはり予後不良だった一方で、「糖尿病を合併する感染症非合併患者群」で、肥満による生命予後に対するメリットが減弱していた。

また、「糖尿病非合併患者群」では、炎症の有無に関わらず、超高体重は生命予後良好となった。「糖尿病合併患者群」では、「糖尿病を合併する感染症非合併患者群」において、高体重であるメリットと比較して、超高体重であるメリットは目立たなかったという。

CKD患者におけるより適切な栄養管理の進歩へと寄与

今回の研究結果では、国内の大規模診療データベースによる「保存期腎不全患者」を対象にして、「感染症の有無」、「糖尿病合併の有無」による細かい層別化を可能とし、それぞれのグループにおける「BMIと生命予後との関連」を明らかにし、さらに、保存期CKDでは、高体重が生命予後の観点では有利となる可能性を示唆した。

同研究グループでは、研究結果は臨床的な意義があり、CKD患者のより適切な栄養管理の進歩にも寄与する可能性があるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床検査技師の求人一覧

関連コラム