食事で摂取する『リン』の代謝が寿命に影響

最終更新日:2017年10月24日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床検査技師コラム

食事で摂取する『リン』の代謝が寿命に影響

2017.10.12

動植物食品(特に魚類、乳製品、大豆、肉類)の他、清涼飲料水やレトルト食品・加工食品などに食品添加物としても使用されているリンは、現代の食生活では、不足することは少なく、「摂りすぎ」が問題になる。一方で、長期間カルシウムの摂取量が低く、かつリンを過剰に摂取していると骨量や骨密度が減る可能性があるとされる。

慶應義塾大学は8月17日、宮本健史氏(同大医学部先進運動器疾患治療学寄附講座特任准教授)らの研究グループによって、寿命制御因子『Klotho』の発現にも大きな影響を与える分子で、リンに対して寿命を制御する分子『Enpp1』が老化を制御していることを世界で初めて明らかにしたと発表した。

同研究成果は、学際的総合ジャーナル「Scientific Reports」に掲載されている。

リンの摂取量の増大が老化につながるかを解析

ミネラルの一種であるリンは、カルシウムの次に体内のミネラルとして含まれている栄養素で、その多くはカルシウムやマグネシウムなどと骨や歯をつくる成分となる。

リンの体内での正常な代謝は、寿命制御に必須である一方で、これまでその体内メカニズムはよくわかっていなかった。そこで、このリンの摂取量の増大によって老化につながることを突き止めるため、同研究グループでは、リンを代謝する体内の機能について注目した。

通常(野生型)マウスと、骨形成・糖尿病発症に関わるタンパク質『Enpp1』を欠損したマウスを用いた実験で、通常マウスには老化の特徴が発現しない程度、『Enpp1』欠損マウスには、通常食の1.5~2倍程度のリンを摂取させ、老化との関連について解析を実施した

リン投与量が増えると骨粗鬆症などの症状、数週間で死に至るなど短命

研究結果からは、『Enpp1』欠損マウスでは、リンの投与量を増大させることで、通常のマウスでは見られないような骨粗鬆症・動脈硬化、皮膚の萎縮などの老化状態が出現。さらには、数週間程度で死に至るなど短命になることが判明したという。

このことから、タンパク質『Enpp1』によって、食事の際に摂取されたリンが制御されており、体の老化・寿命の短縮を防止するのに必須の役割を担っていることを示している。

加齢に伴う身体機能の低下を防ぐ研究につながる成果

また、寿命制御因子である『Klotho』は、腎臓の老化を制御することは知られているが、『Enpp1』欠損マウスでは、とくにリンの摂取量が増大した際に、この『Klotho』が有意に低下していたことも判明したという。

今回の研究成果から、健康寿命延伸に向けた、重要な老化制御機構の一端が解明されたと言えるが、これによって研究グループでは、加齢に伴う身体機能の低下を防ぐ研究にもつながることが期待されるとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床検査技師の求人一覧

関連コラム