AI活用の製品情報問い合せチャットボット

最終更新日:2019年7月22日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床工学技士コラム

AI活用の製品情報問い合せチャットボット

2019.02.20

中外製薬株式会社は1月10日、AI(人工知能)を活用した「対話型プログラム」で製品に関する問い合わせに回答するチャットボット「MI chat(Medical Information Chatbot:エムアイチャット)」を導入したことを発表した。

「対話型プログラム」で製品に関する問い合わせに回答

中外製薬では、メディカルインフォメーション部(MI部)に在籍する専門スタッフが、医療従事者や患者からの製品関連の問い合わせに対応している。

MI部が対応する問い合わせ件数は、年間約6万件。このうち、インフルエンザ治療薬のタミフルがおよそ2割(約12,000件)を占めており、時期では冬期に問い合わせが集中しているという。

今回導入した「MI chat」は、医療従事者などからの問い合わせに対して、チャットボットのAIが問い合わせ内容を理解し、事前に登録しておいた数百のQ&Aから最も質問の意図に近いものを自動的に提示する仕組み。

AIによるビジネスアシスタントシステムと問い合わせプラットフォームを融合

「MI chat」は、アプリ開発・導入などを手掛けるフェアユース株式会社が開発したAIによるビジネスアシスタントシステムと、中外製薬が従来導入しているプラットフォームを融合させたもの。

医療従事者などが従来のWEB情報の検索に費やしていた時間の短縮、チャネルの選択肢が広がるなどの利便性の向上が、チャットボット導入のメリットとして挙げられる。

また、「一般的な口語文」で情報を検索したり、『一問一答形式』での回答、パソコンおよびスマートフォンからのアクセスなどが可能になることで、「24時間365日、格差のない情報提供」の実現なども期待される。

今年中に複数製品へ拡張、2021年には全製品対応へ

同社では、「MI chat」について、今年中に複数製品へ拡張させる予定。さらに、2021年には全製品で対応する方針で、今後はその準備を進めていくという。

また、今後もMI部では医療従事者および患者からの問い合わせの対応を継続し、サービス向上に努めていく方針としている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床工学技士の求人一覧

関連コラム