オリンパスが『超音波気管支ファイバービデオスコープ』発売

最終更新日:2018年11月13日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床工学技士コラム

オリンパスが『超音波気管支ファイバービデオスコープ』発売

2018.10.29

オリンパス株式会社は2018年8月28日、『超音波気管支ファイバービデオスコープ(「BF-UC290F」)』を国内で発売することを発表した。※製造販売元は、オリンパスメディカルシステムズ株式会社。

同スコープは、肺がんのリンパ節転移の確定診断を行うための「超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)」手技に使用するもの。

肺がんの「リンパ節転移」の確定診断法「EBUS-TBNA」

肺がんの治療方針の決定において、「リンパ節転移」の確定診断は重要な役割を果たす。

その確定診断において、2002年に開発された、低侵襲でより確実な方法である「EBUS-TBNA」は、2008年には保険収載されている。

同手技では、対象のリンパ節に専用針を刺して、検体を採取する『超音波ファイバービデオスコープ』を使用する。

通常の内視鏡と比較して、『超音波ファイバービデオスコープ』では、スコープの挿入がしづらく、部位によってはリンパ節へのアクセスが困難なケースもある。

スコープの挿入性・リンパ節へのアクセス性を向上

今回、同社が発売する「BF-UC290F」は、従来機と比較して、「スコープの挿入性」と「リンパ節へのアクセス性」を向上することを実現。

同スコープでは、従来機と比較して、先端部の外径が0.3mm細くなり、先端についている超音波振動子部も小さくなった。

湾曲角度は「160°」(従来は120°」にアップし、針を挿入した状態のまま、スコープの大きな湾曲もキープすることが可能となっている。

これにより、従来では、アプローチが困難だった「縦隔リンパ節(4L)」や「肺門リンパ節(10R)」へのアクセスがスムーズに行えることに貢献するという。

術者のストレス軽減、患者の苦痛軽減に寄与

同スコープは、内視鏡画像の視野方向がより真っ直ぐ(20°前方斜視)に近づき(従来機はやや上向き(35°前方斜視))、気管支内でのスコープの位置と先端の向きが把握しやすくなった。

同社では、挿入性が向上したこと、先端部が小型化したことで、術者のストレス軽減や患者の苦痛軽減に寄与するとしている。また、従来機からイメージガイドの本数を増やし、画質の向上にも寄与しているという。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床工学技士の求人一覧

関連コラム