大腸がんを切らずにリアルタイムで組織診断

最終更新日:2018年10月23日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床工学技士コラム

大腸がんを切らずにリアルタイムで組織診断

2017.09.15

大阪大学は7月31日、松井崇浩氏(同大大学院医学系研究科特任助教)、石井優氏(免疫細胞生物学教授)、森正樹氏(消化器外科学教授)らの研究グループによって、固定・染色などの工程を行うことなく、生きた組織のままで大腸がんをリアルタイムで発見する『切らない組織診断』を開発したと発表した。

同研究成果は、イギリスの自然科学分野の電子ジャーナル「Scientific Reports」に掲載されている。

従来のがん診断では侵襲的な処置、診断時間が課題

従来のがん診断では、まず生検・手術によって病変部から組織を切り取った後、複数の処理工程を経てガラス標本を作製し、それを顕微鏡による観察で診断するものだった。

そのため、組織の採取には患者へ負担の大きい侵襲的な処置が必須となっており、また検査を受けてから診断が出るまでに一定の時間がかかることも課題となっている。

「多光子励起イメージング技術」で低侵襲・迅速・定量的に

今回、同研究グループでは、最新の生体可視化システム「多光子励起イメージング技術」を用いたことで、固定・染色など従来の処理工程を行わずに、『生きた組織』のままで迅速にヒト大腸組織の深部を観察可能な方法を開発することに成功。

この方法を使うことで、正常の大腸組織・大腸がんの組織を従来の診断方法よりも低侵襲的(患者の負担を軽減)かつ迅速、定量的な診断が可能になるという。

内視鏡など医療機器への応用に期待

同研究グループでは、今回開発された手法によって早期がんの診断・内視鏡治療の分野に対しても、その精度向上に大きく貢献すると考えているとしている。

今後は、今回の技術を内視鏡など医療機器に応用することで患者の負担が少ないがん診断を実現することが期待される。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床工学技士の求人一覧

関連コラム