大腸内視鏡検査でAI活用、見逃し回避に

最終更新日:2018年12月11日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床工学技士コラム

大腸内視鏡検査でAI活用、見逃し回避に

2017.08.16

国立がん研究センターと日本電気株式会社(NEC)は7月10日、人工知能(AI)の活用によって、内視鏡検査時に大腸がん・前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)をリアルタイムで発見する新システムの開発に成功したと発表した。

2017年10月に行われる日本内視鏡学会総会にて、学会発表される予定。

「大腸腫瘍性ホリープの発見」をサポート

大腸の内視鏡検査時に、大腸がんの前がん病変である大腸腫瘍性ポリープを見つけ、早期に摘除することが大腸がんへの進行を抑制することになる。

ポリープを見つけるのは内視鏡医の肉眼によるが、「ホリープのサイズが小さい」・「形状が認識しにくい」などのケースでは、発見できないこともある。

今回開発された新システムでは、大腸の内視鏡検査時に撮影される画像から大腸がん・前がん病変をリアルタイムに自動検知することによって、内視鏡医の病変の発見をサポートする。

「前がん病変」と「早期の大腸がん」の発見率98%

同システムでは、医師へのフィードバックも臨床現場でリアルタイムに行うために、「画像解析に適した深層学習を活用したAI技術」・「独自の高速処理アルゴリズム」・「画像処理に適した高度な画像処理装置」などを、PC1台で動作させるプロトタイプも開発されている。

AI技術の学習では、約5,000例の大腸がん・前がん病変の内視鏡の静止画像・動画(同センター中央病院内視鏡科による所見付き)を対象としており、NEC製の最先端AI技術群である「NEC the WISE」によって、内視鏡画像を解析する。

同解析の結果では、前がん病変としてのポリープ・早期がんの発見率は「98%」になったという。

病変の見逃し回避、さらには医師の負担軽減へ

今回開発されたシステムによって、「病変の見逃し回避」・「検査の質の向上」だけでなく、「内視鏡医の負担の軽減」にもつながることが考えられる。

国がんでは、肉眼では認識困難な平坦・陥凹性病変が同中央病院内視鏡科に1,600例以上蓄積されており、今後もそれらをAIに学習させることで、プロトタイプの精度を上げていきたいとしている。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床工学技士の求人一覧

関連コラム