医師の負担軽減に「歩ける椅子」、今年夏に発売

最終更新日:2018年2月18日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床工学技士コラム

医師の負担軽減に「歩ける椅子」、今年夏に発売

2016.03.30

頭や腕などの身体に装着して利用する「ウェアラブル」機器が医療の中でも活用されている。
(臨床工学技士コラム :医療用スカウターを装着、より安全な穿刺
(看護師コラム :ウェアラブル体温計」は厚さわずか0.015ミリ、東大が開発も参照)

千葉大学フロンティア医工学センター(千葉県千葉市稲毛区)や株式会社ニットー(神奈川県横浜市金沢区、藤澤秀行社長)などは共同で、オペ室での長時間手術を行う医師の負担軽減を目的とする医療用ウェアラブルチェア「archelis(アルケリス)」を開発した。
両足に装着することで、立った状態でも体重を支えることができて、装着したまま歩行も可能な「歩ける椅子」だ。
共同チームでは主に外科医にニーズがあると見ており、今夏をめどに製品化し発売する予定だ。

歩ける椅子「archelis(アルケリス)」

「アルケリス」では、装着時に膝と足首の角度を固定し、すねと太ももを支えることで体重を受け止める仕組みになっている。
中腰の姿勢を取った時には、椅子に腰掛けているかのように筋肉への負荷・疲労を軽減した状態を維持できる。
また従来のパワーアシストスーツには必要だった電源コードは不要で、軽量素材でできており、左右の足それぞれに装着する構造になっているため、装着したまま歩くことも出来る機能性も備えている。

5~6時間の長時間手術での負荷軽減

医療現場では、オペ室での長時間に及ぶ手術では執刀医などの医療スタッフの体幹の安定が手術自体の安定・安全性に非常に大きな影響を及ぼすことになる。
一方でヒトが長時間立っていたり、中腰姿勢を保つには筋肉に負荷がかかるため、体幹の安定を損ないやすい
例えば近年増えている腹腔鏡下手術では、5~6時間ずっと立った状態でオペが行われることも少なくない。そのため執刀医が長時間の体幹への負荷によって腰痛になってしまうケースも珍しくない。

外科医や立ち仕事全般の労働環境の向上へ

高齢化による患者の増加や医師全体の不足に加えて、外科医は重労働・長時間労働による過労や医療事故リスクなどの患者の生命に関わる責任の重さもあり、その数の不足が進んでいるのが現状だ。
今回の「アルケリス」の開発メンバーで医療器具工学などを専門とする中村亮一氏(千葉大学フロンティア医工学センター准教授)は、「(身体への)負担が軽減されることで外科医の労働環境の向上につなげたい」と期待を込める。
また共同チームでは、この「アルケリス」を農家や工場などの身体への負荷が大きい立ち仕事全般へ応用していくことも検討する方針だという。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床工学技士の求人一覧

関連コラム