血液透析領域で国際展開、東九州メディカルバレー構想特区

最終更新日:2018年6月21日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
臨床工学技士コラム

血液透析領域で国際展開、東九州メディカルバレー構想特区

2016.02.02

医療機器業界の業界団体や企業らで構成される一般社団法人日本医療機器産業連合会(医機連)は11月16日、同会の取り組みを紹介するメディアセミナー「日本の医療機器の国際展開」を開催した。
その中の「国際ビジネス推進活動の実際」のテーマにおいて、東九州地域(大分県、宮崎県)における血液や血管医療を中心にした医療機器産業の活性化やアジアへの貢献を目指す医療産業拠点「東九州メディカルバレー構想特区」における産官学連携への取り組みについて取り上げた。
同特区では、近年では産官学連携によってタイでの血液透析医療の普及を目指しているという。

血液透析領域の企業・大学が集結

大分、宮崎の両県では、国内トップレベルのシェアを持つ川澄化学工業株式会社(本社:東京都品川区、昌谷良雄社長)のダイアライザー(人工腎臓)や東郷メディキット株式会社の人口透析用留置針(本社:東京都文京区、中島崇社長)などの生産拠点になっており、大分市にある旭化成メディアカルMT株式会社(本社:東京都千代田区、柴田豊社長)のアフェレシス(血液浄化)製品は世界一のシェアを誇っている。
また医療分野の留学生の受け入れや研修施設の充実などを図っている大分大学、宮崎大学、立命館アジア太平洋大学、九州保健福祉大学の4大学が集中して存在するという特徴もある。

タイで右肩上がりの血液透析の需要、一方で不衛生な医療環境

近年のタイでの血液透析の需要は高く、2012年には腎不全で腎移植や透析などの腎代替療法を受けた患者数約5万8,000人のうち、全体の約70%に上る4万人が血液透析患者数だったという報告もある。
しかし、同特区が行ったタイでの現地調査では、水道水が予想以上に汚れていることも分かり、透析においての透析液の前処理が課題に挙がっているとしている。
それでもタイの血液透析センターは右肩上がりで増加しており、ここ20年足らずで施設数は約12倍になっている。

タイの医療従事者との国際交流

同特区では2013年から血液透析領域においてタイの医療従事者との国際交流を行っており、2014年にはタイから医師と看護師がそれぞれ2人ずつ来日して、日本の大学病院などの研修に参加している。
来日中には臨床現場や浄化した水できれいな透析液を作っていく機械室の様子などを見学して、強い興味を持っていたという。
同学会によると、これまでタイでは臨床工学技士がおらず、アジア圏では世界でもトップレベルである日本の血液透析医療を学びたいというニーズがあるとしており、同特区では、この国内での研修や医療機関の訪問をきっかけにしたタイにおける「臨床工学技士制度」創設も支援しているようだ。
今後も、このタイの事例を中心に東九州メディカルバレー構想特区における産官学連携してのアジア医療への貢献が期待される。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒臨床工学技士の求人一覧

関連コラム