メドフィットコラム

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
メドフィットコラム

岐阜の老健入居者死傷問題、リスクマネジャー配置へ

2017.10.24

介護老人保健施設「それいゆ」(岐阜県高山市)で高齢入所者5人が相次いで死傷した問題で、施設を運営する医療法人の折茂謙一理事長は26日、5回目となる「リスクマネジメント委員会」最終会合終了後の会見で、「病死」と主張する1人を除いた4人について、「事故として説明のつかない点はなかった」と述べ、改めて事故によって死傷したとの認識を示した。 

再発防止策として、現場で危機管理を担う「リスクマネジャー」を配置し、年2回以上の事故発生の防止のための職員研修を実施、今後もリスクマネジメント委員会を月1回開くなどを公表した。

続きはこちら

ケアマネージャーの情報・意見交換アプリ「CMOアンサー」

2017.10.23

ケアマネジャー(介護支援専門員)の業務支援サイトで国内最大規模の87,000人のケアマネジャー会員が登録する「ケアマネジメント・オンライン」を手掛ける株式会社インターネットインフィニティー(本社:東京都中央区、別宮圭一社長)では、同サイト上でケアマネ同士が交流可能な会員向けの新機能アプリ『CMOアンサー』 をリリースしたことを発表した。

続きはこちら

エコノミークラス症候群、水分補給・下肢の運動で予防

2017.10.20

出張や旅行などで新幹線や飛行機での長時間の移動をすると、座り続けることで「エコノミークラス症候群」を発症しやすい。 正式には、下肢の深部静脈に血栓ができる「深部静脈血栓塞栓症」と、その血栓が血流に乗って肺に運ばれて肺動脈の塞栓をもたらす「肺血栓塞栓症」の2つの総称として、「静脈血栓塞栓症」と呼ばれる。

続きはこちら

緩和ケア病棟での「機械浴」、入院患者の『状態不安指数』を低下

2017.10.19

緩和ケア病棟では、清潔のケアとして『機械浴』が行われている。歩行・座位を取ることが困難な患者に、特殊な浴槽を使用した『機械浴』で入浴の介助を行うことでお湯に浸かることができるものだ。臥床したまま入浴が可能で安楽であることから、患者からの希望も多いケアの1つだ。

京都府立医科大学は9月8日、藤本早和子氏(同大附属病院看護部総括看護師長)、岩脇陽子氏(大学院保健看護学研究科教授)、山中龍也氏(同教授)らの研究グループが、緩和ケア病棟の入院患者に対する機械浴について科学的検証を行った結果、生理学的に循環動態に大きな変動がなく、心理学的に不安低下・リラックスした状態になる影響を及ぼす安全・安楽な看護ケアであることが示唆された。

同研究成果は、8月30日付けの「Japanese Journal of Clinical Oncology」(電子版)に掲載されている。

続きはこちら

「先端医療」の市場規模拡大、2025年に30%増の予測

2017.10.18

先端医薬品・先端治療製品とされる「ペプチド医薬」や「遺伝子治療薬」、「再生医療製品」、ライフサイエンス研究分野で注目される「iPS細胞」や「Muse細胞」など「先端医療」関連の市場規模が拡大している。

総合マーケティングビジネスを手掛ける株式会社富士経済(本社:東京都中央区、清口正夫社長)は、8月18日、先端医療・ライフサイエンス研究関連市場に関する調査結果をまとめた「2017年 先端医療・ライフサイエンス研究市場データブック」を発表した。

同報告書によると、2025年での予測では、「先端医療関連市場」は1兆8546億円(2016年比31.7%増)、「ライフサイエンス研究関連市場」は1479億円になるという。

続きはこちら

「発達障害」に関する相談件数が過去最多に、人手不足で対応困難

2017.10.17

生まれつきの脳機能障害によって低年齢から発症するとされる発達障害

対人関係を築くのが苦手な「自閉症スペクトラム障害」、衝動的な行動を取りやすい「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」、読み書き・計算などが苦手な「学習障害(LD)」、これらはすべて発達障害の一種とされる。

厚生労働省によると、全国に91ヶ所でこのような発達障害を抱える人やその家族への支援を行う「発達障害者支援センター」での相談件数が7万4000件超え(昨年度)で過去最多となったという。

障害への理解・支援が不足していることが原因で、本人の不登校・仕事上のトラブル、親の虐待などにつながりかねない。しかし、相談件数の増加の一方で、支援する側の人手不足が顕著になっており、各自治体などは対策が求められる。

続きはこちら

妊娠中の虫歯・歯周病、4割近くが経験

2017.10.16

女性は妊娠時にホルモンバランスの変化によって、「妊娠性歯肉炎」(歯周病菌が増え、歯茎の腫れや歯茎からの出血を起こす)になることがある。このような妊娠時の歯周病は、早産や未熟児の原因にもなりえることが分かっている。

妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビカム」を展開するベビカム株式会社(本社:東京都港区、安西正育社長)は、同サイトを通じて、妊娠中の歯科治療に関するアンケートを実施した結果、約4割の人が妊娠中に虫歯や歯周病を発症していたことが明らかになったことを発表した。

続きはこちら

「レム睡眠」の時間短縮が、認知症リスクを高める

2017.10.13

睡眠には、その8割を占める「ノンレム睡眠」と身体は休んでいても、脳は覚醒した状態で急速に眼球が動く「レム睡眠」があり、その2つの睡眠を繰り返している。

スウィンバーン工科大学(オーストラリア)の研究チームでは、夢を見やすい「レム睡眠」の時間が短い高齢者では、認知症発症のリスクが高まることが判明したと発表した。

同研究成果は、8月23日付けの米国医学雑誌『Neurology』(電子版)に掲載されている。

続きはこちら

食事で摂取する『リン』の代謝が寿命に影響

2017.10.12

動植物食品(特に魚類、乳製品、大豆、肉類)の他、清涼飲料水やレトルト食品・加工食品などに食品添加物としても使用されているリンは、現代の食生活では、不足することは少なく、「摂りすぎ」が問題になる。一方で、長期間カルシウムの摂取量が低く、かつリンを過剰に摂取していると骨量や骨密度が減る可能性があるとされる。

慶應義塾大学は8月17日、宮本健史氏(同大医学部先進運動器疾患治療学寄附講座特任准教授)らの研究グループによって、寿命制御因子『Klotho』の発現にも大きな影響を与える分子で、リンに対して寿命を制御する分子『Enpp1』が老化を制御していることを世界で初めて明らかにしたと発表した。

同研究成果は、学際的総合ジャーナル「Scientific Reports」に掲載されている。

続きはこちら

メドトロニック社、キングスカイフロントに医療従事者向けトレーニング施設開設

2017.10.11

最先端の医療機器・医療技術の研究開発を手掛ける日本メドトロニック株式会社(本社:東京都港区、トニー・セメド社長)とその関連会社のメドトロニックソファモアダネック株式会社(本社:大阪府大阪市福島区)、コヴィディエンジャパン株式会社(本社:東京都港区)の3社は、川崎市臨海部の国際戦略拠点「キングスカイフロント」内に医療従事者向けトレーニング施設「メドトロニック イノベーションセンター」を9月1日にオープンした

続きはこちら