地域ケアサービスの情報探索サイト「たすケア」をオープン

最終更新日:2018年6月20日

Select Language >>

0120-978-003
月~土 9時~18時 / 夜間・日・祝は受付のみ
ケアマネージャーコラム

地域ケアサービスの情報探索サイト「たすケア」をオープン

2016.06.15

高齢者が「ご飯を食べなくなった」という悩みがあった場合、その原因が分からなければどのように対処すればよいか困ってしまう。
例えば、「飲み込むことが辛くなった」ことが原因で食べなくなっているのであれば、今度はそれに対応できる医療や介護のサービスがどのようなサービスなのかを調べる必要がある。
リハビリで飲み込む力をつける、飲み込む力に応じた食事が出るデイサービスを探すなど様々なサービスの中からより良い選択肢を見つけるのだが、その悩みを持ってからサービスを選ぶまでの一連の流れから、在宅での悩みの原因や解決方法を探すことのできる地域ケアの総合情報サービスサイト「たすケア」を株式会社カカクコム(東京都渋谷区、田中実社長)が開設した。

在宅介護サービスの情報検索サイト

「たすケア」では、介護保険の対象となる在宅介護を支援する事業者情報を「サービスの種類」や「地域」から検索できる。 また、病気の症状や生活の悩み、介護方法などの「テーマ」から探すことが出来る専門家による豊富な解説コンテンツも収録されており、介護を受ける高齢者やその家族に加え、介護職員やケアマネージャーなどの介護従事者もサポートするサイトだ。
事業者情報では「居宅介護支援」「訪問介護」「訪問マッサージ」などの在宅介護サポートや、「デイサービス」「ショートステイ」「グループホーム」などの施設サービス、「福祉用具レンタル・販売」といった自宅の設備サポートまでを幅広く掲載しており、介護保険の対象外となるサービスに関する事業者情報も豊富に掲載されている。

ユーザーのニーズの項目別に事業者情報を検索可能

同サイトでは、ユーザーがサービスの種類から選ぶ際に「自宅に来てくれる」「施設に通う」といった項目からニーズに合った項目を選び、地域別に事業者情報を検索できる。
事業者に関するページでは、対応する介護認定度やサービスの提供時間帯、対応可能な範囲、施設の写真や特徴などの詳細情報を確認できる。
医師や理学療法士などの専門家による解説コンテンツでは、介護者が病気の症状や介護のやり方、介護生活の悩みなどに関する知識やサポート情報を得られるガイド記事が閲覧できる。
例えば、病気の症状では「認知症」・「脳卒中」・「レビー小体型認知症」など、介護体制では「リハビリ」・「同居」などの複数のテーマから、悩みの原因や解決方法を探すことができる。

介護体験談などのもレポート閲覧も可能

また、「同居介護」・「高齢者の一人暮らし」などのカテゴリ別にユーザーの介護の体験談も見ることができる。
サービスを運営するカカクコム社では、これらの複数の機能を充実させて備えることで、高齢者が「住み慣れた地域で自立した生活を送る」ことができる地域ケアの充実を目指し、高齢者を支えるサービスに関する情報のサイトへの無料掲載も積極的に募集するとしている。
すでに東京23区の介護事業者情報から情報掲載が開始されており、今後は関東圏(一都三県)に対応し、その後は全国の主要都市に順次拡大する予定という。

■メドフィットが納得の転職を実現します!
⇒ケアマネージャーの求人一覧

関連コラム